サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 高野茂さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

高野茂さんのレビュー一覧

投稿者:高野茂

1 件中 1 件~ 1 件を表示

青春の光と影

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

短編小説は作者の真実の一面がキラッと光る。手軽に作者とマジで向き合えておもしろい。18巻も出たのでしばらく楽しめるだろう。そういう中で三島由紀夫の「雨の中の噴水」について書く。
「別れよう」という言葉を発音して世界が変わる瞬間を味わいたかった三島。この言葉を発するために愛し、或いは愛したふりをし、そのためにだけ懸命に口説き、そのためにだけ一緒に寝る。「別れよう!」 細心の注意を払ってこの言葉を発したとき、水袋のような少女は泣きながら雨の中を彼について行く。噴水のある公園に着いた。こんな時に噴水に関する文学的描写は三島にしか描けなかっただろう。別の作品で滝についての描写は一読に値する。三島の手にかかれば意志のある水も存在する。話はそれたが、読者としては五輪真弓の「あの別れ話は冗談だよ」と言って欲しかったのだが、ここではそうではなく短編小説らしいどんでん返しで終わっている。ここは話さない方がいいだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示