サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 春夏秋冬さんのレビュー一覧

春夏秋冬さんのレビュー一覧

投稿者:春夏秋冬

1 件中 1 件~ 1 件を表示

「競馬の物語なんか…」と言っていてはいけない、物語でした。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私は負け犬が成り上がっていくストーリーにはとても心がうたれる。絶望的な状態からの復活劇は、涙なしには語れません。この「シービスケット」に出てくる者達は、残念ながらみんなが負け犬。時代、恐慌にのまれた人たち。「気がついたら声援を送っていた。」なんていうのは、あたり前な物語でした。
自転車修理工で大成功を収めた実業家のチャールズ・ハワードは、家族の死を未だに引きずって生きている。
レッド・ポラードは少年時代に親に、「置いていかれた。」という思いに心は荒んでいた。
トム・スミスは、人を好まず、馬を好む無口な調教師。
そしてシービスケット。反抗的な馬だ。
一見、どう考えてもかみ合いそうにない三人と一匹が力をあわせ、さまざまなトラブルを乗り越えて勝利をもぎ取っていくストーリーは、激しく心を揺さぶられた。しかもこれが実話で、彼らが勝利するたびに、何万という人々の心に感動と希望をもたらしたという事実は、感動をよりいっそうの感動にした。
しかし、ただの「感動実話」で終わらせなかったのが、シービスケットと騎手の一体感を感じる事が出来たからだと、私は思う。競馬の面白さと危険を同時に体感できたのだ。
私は、この物語に大きな拍手を贈りたい。雑誌などでも良く目にし、とても良いと評価されている。しかし、ここまでの書評は「私」にとってであって、「万人」ではない。確かに良く出来ている。だからこそ、「出来過ぎている。」と思う人もいるだろう。しかし、この「実話」をストレートに受け止められる人なら、勧められない理由はどこにもないと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示