サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. WOAさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

WOAさんのレビュー一覧

投稿者:WOA

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本四季 冬

2004/03/14 15:49

四季・完結

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

◆四季の完結編となるこの作品を読み終えた今…よく解からんなぁ、というのが本音である。おそらく過去の事柄の真相は、彼女は○○だった、ということになるのだろう。今回の作中にも、これまでの作品にも何度も登場するように、言葉は意志伝達の為の記号でしかなく、全てを伝えることなどできない。まさにそれを地で行く内容だと思う。真賀田四季を通して、幾つもの哲学的な問い掛けがなされるが、明確な答えなど用意されていない。詰まるところ、人間って矛盾を抱えた存在で良く解かんないよねってことなんじゃないだろうか。それが神に最も近い天才であっても。

 正直ちょっと空かされた感はあるけど、これはこれで良いのかなと思います。なにせ真の天才を描いた物語ですから、凡人には理解できる訳もなく。^^; でも、この本読んでると、真の天才ってのはホント何かと大変だなって思いますよね。体験したこと全部覚えてて、しかも忘れることができないなんて、はっきり言って(はっきり言わずとも)、こりゃ生き地獄ってもんです。凡人で良かった?w まあ、これで一応の区切りが付いたし、また新作に期待したいところですね♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示