サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 「h」小屋さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

「h」小屋さんのレビュー一覧

投稿者:「h」小屋

3 件中 1 件~ 3 件を表示

人生が180度変わってしまった

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本は、「読書のすすめ」を知らない人に
また、読書の素晴らしさを知らない人に
ぜひ、読んで頂きたいと思います
私自身も、5年前、読書のすすめの清水店長と出会って
人生が変わりました
人生観が180度変わりました
正しいか正しくないかの価値観が
楽しいか楽しくないかの価値観へ
勝ちか負けかの競争から、みんないっしょにの共創へ
眉間にシワ寄せたバツ顔の人から、笑顔のあるマル顔の人へ
本を読むだけの人から、本を読んで行動する人へ
怖くて逃げていた人から、怖くても怖がりながら向かって行く人へ
人生はすべて自分の気分次第で決まるんだということ
などなど、ここに書ききれないほどたくさん教えて頂きました
とにかく、今、人生が楽しくて楽しくて仕方がありません
だから、私はこの本をたくさんの人に伝えたい
そして、たくさんの人が読書のすすめの店に訪れ
たくさんのいい本と出合って欲しい、
そして、たくさんの人が笑顔あふれる人生を送って欲しい
そう思っています
【読書にはすごい力がある、そして、人間にはものすごい力があるんだ!】
っことを知って頂けたら、最高に嬉しいです
この本は、「人生に活かすための読書」のすばらしさを知る
水先案内として、最高の1冊になると思います
ぜひぜひ、読んでみて下さい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ビジネスマンだけではもったいない!

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『何か新しい事業やビジネスを始めようとするときに、人はとかく、“勉強”から始めようとし、それが正しい方法であるかのように考えられています。その場合の勉強とはどのようなものかと突き詰めると、結局、過去の経験の積み重ねをなぞる作業にすぎないことが多いのです。しかし、新しいことを始めるとき、最初に必要なのは仮説であり、仮説はそうした勉強からはほとんど生まれることはありません。』

『われわれが常に心に銘じなければならないのは、前例のない新しいことを始めるときには、人に話を聞いても仕方がないということです』

『これまでにない新しいものをつくる。人がやらないこと、人がやれないことを始めるのが容易ではないのも確かです。現場の第一線に立ち、現実に直面すればするほど、人の話が耳に入り、つい否定的になってしまいます。そのとき、組織がぐらつかないためには、上に立つ者が、挑戦する価値があることを信念として押し通すことです。』

『人の話を聞かなかったから、今のセブン・イレブンがあるのです』

以上本文より抜粋。

ご存知「セブン・イレブンとイトーヨーカドーの会長」鈴木敏文さんにインタビューしたものを元に、著者が加筆編集した本です。

商売をされている方、ビジネスマン、経営者の方、必読!

と、こう書いてしまうと「ビジネス本」みたいですが、実は

『少年時代、鈴木氏は「引っ込み思案」で、授業で指名されると頭が真っ白になるほど『あがり性』だった。この悩みを、中学時代に弁論部に入って克服し、高校時代は生徒会長にも当選、卒業式では答辞を読んだ。運動もさほど得意ではなかったが、陸上部に入って脚力をつけ、高校では県大会に出場した。決して、自分はこういう人間だから仕方がないと決めつけず、一つ一つ挑戦しては可能性を見つけていった。』

という人だったようです。

ビジネスマンだけでは“もったいない”

鈴木敏文氏自身の経験から生まれた、経営哲学(統計学×心理学)が凝縮されている。とともに、IT時代に人が仕事をしていく上で、最も大事なこと、それは「自分の頭で考える」ことなんだということに気づかせてくれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

この本で、自分の壁を突破する

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

こんなに面白い本、最近読んだこと無い!
副題が『みんながぶつかる“みえない壁”の乗り越え方』というのです。
“不満の壁”“平凡の壁”“時間の壁”“言葉の壁”“心理の壁”“勇気の壁”“機会の壁”
そして“常識の壁”
これらの壁は「すべて、あなた自身がつくったもの」と著者はいっています。
そして『私がお伝えしたいのは、そんな、“見えない壁”をしっかりと見つけ、それをとっとと壊し、悠々と先へ進むための方法です。それによって、あなたの仕事は確実に「面白く」なるし、どんどん「面白く」なり続けます。』

読み出したら止まらない、ミステリー小説のような面白さ、もっと言ってしまうと「本格推理小説の名探偵が事件の謎を解いていくような」面白さがあります。しかも、ビジネスの実践的な事柄が多いし、著者自身の経験と豊富な参考文献も入っている情報満載な本です。(本の中で紹介されている本も続けて読みたくなりました)
特に、今の仕事にやや行き詰まりを感じていて「転職?」、なんて考えている人に最適かも知れません。まずはお試しあれ。

「あなたの人生と仕事をクリエイティブにする」本です……3回も読んじゃった!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示