サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 夏川さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

夏川さんのレビュー一覧

投稿者:夏川

3 件中 1 件~ 3 件を表示

花のれん

2004/04/05 13:11

度胸でっせ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

戦前の芸能の発信地であった「寄席」舞台にした物語。
といっても出演者である芸人さんではなく、寄席の経営者の物語である。
商売というものは、これまでの業績のうえにあぐらをかいていては凋落するということが印象深かった。
この物語の主人公のように、新しいものをより早く取り入れること。
そして、人間としての人情を失わないことが何より大切なのだと感じた。
振り返るに今の世の中は、そういう意味では無味乾燥であるような気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本脳男

2004/04/05 13:12

疑問とアプローチ

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なぜ彼は社会正義実現のために暴力的手段を用いたのだろうか?
そこが読み終えてから感じた最初の疑問だった。
祖父に言い聞かされた言葉の影響だろうか?
それとも、数々の事件に巻き込まれた記憶がそうさせているのだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

暖簾 改版

2004/04/05 13:09

大阪の商い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

淡路島から立身出世を夢見て単身大阪に乗り込んできた人物と息子の物語。
戦前と戦後で大幅に変化した大阪の「商い」をリアルに描写している。
現在のように情報が氾濫していない時代であり、
商いの道を生き抜いていくには才覚と経験、そして運も必要だった。
振り返るに現在と異なり、人間味という意味では正しい時代だったのではと考える。
人間は発展しすぎたのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示