サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. タコQさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

タコQさんのレビュー一覧

投稿者:タコQ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

オルゴール

2006/10/14 02:32

その日の空は本当に青かった

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 中園直樹『オルゴール』(幻冬舎、税込440円)を読んだ。やり切れなさが、胸の内でわだかまった。
 これは批評ではなく、書評である。ネタバレを避ける配慮に貫かれていることをまず、確認しておく。
《「青いね」
 彼の目から涙がひとすじ流れる。
 その日の空は本当に青かった。》
カミュが『異邦人』で描いたように、人は「太陽のせいで」人を殺しもする。しかし、中園直樹が描く少年は、空の青さに涙する。その感性のナイーブさにこの小説は賭けられている。その感性のために、いじめを書いてもじめじめしないのだ。
 誰もが「太陽のせいで」人を殺す可能性をもっているように、誰もが空の青さに涙する可能性をもっている。すると、空の青さに涙するような感性が、いじめを招くとしたら、いじめはこの少年だけの問題ではないのではないか。誰もがもっているような、空の青さに涙する感性を描くことで、中園直樹はいじめの問題を普遍化して見せた、といえるだろう。
 旧約聖書伝道の書に 《太陽の下で何も新しいものはない》 という一節がある。たしかに神の視点から見れば、新しいものはなにひとつないのかもしれない。しかし、人間はいくつになっても、「新しい」ものを見つけうるし、繰り返される日常のなかに、なにか新鮮なものを求めて生きている。それが十代の少年となれば、「新しい」ものは彼の目の前に無数にひろがっているはずである。しかし、少年も大人も、無数にあるはずの「新しい」ものに気づかずに生活のなかに埋もれて暮らしている。それでも、ふとしたきっかけで「新しい」ものを発見し、驚くのである。
《君、緑が目に跳びこんできたことある? 空の青さに驚いたことある?[……] 世界がすべて輝いて見えて、まわりの景色に驚いてばかりなんだ。 [……]君の顔も初めて見たみたいな気がするし、街灯の光も、照らされて浮かびあがってくる緑も、すべてが輝いて見えるんだ。》
 センス・オブ・ワンダーといいたくなるような、このような発見の瞬間、幸福な瞬間は、しかし長くはつづかない。空の青さに涙した少年は、そのナイーブな感性のゆえに、現実の荒波に呑みこまれてしまう。
 いじめを主題とした本書は、十代の共感をうるだけではなく、ひろく大人にも読まれてしかるべきではないだろうか。
 最後にわたしから、若い人たちへのメッセージを書いてこの文章を閉じたい。
《新しい人よ眼ざめよ》(大江健三郎)
 本書はきみが目覚めるきっかけとなるかもしれない。中園直樹とともにいじめのなくなる日を願って。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示