サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 風 さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

風 さんのレビュー一覧

投稿者:風 

3 件中 1 件~ 3 件を表示

暁の死線

2004/04/09 16:16

タイムリミット・サスペンスの逸品!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大好きなウールリッチ(アイリッシュ)のサスペンス。
短篇に面白いものが多く、それは孤独な生涯を送った
この作家の練達の職人芸を示すものだと思っています。

長篇では、人気が高い『幻の女』よりも、私はこの
ボーイ・ミーツ・ガールものの作品が一等好き!
タイムリミット型サスペンスの逸品でもありますね。

ミステリ小説をかじり始めた中学生くらいの時に読んで、
ワクワク、ハラハラしながら夢中で読んでいった覚えが
あります。アイリッシュの作品、もっともっと読んで
みたいと、その虜になる決定的作品になったのがこれ!
稲葉明雄訳の『暁の死線』でした。
今思うと、頁をめくっている間のあの時間は、本当に
至福のひとときでした。

時間が刻々と、夜明けのデッドラインへと近づいて行く
サスペンス。
章の代わりに描かれていた時計の針が、とても印象に
残っています。そして、夜の大都会を駆けずり回る
男女の冒険に、ドキドキしながら声援を送っていました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

対話篇

2004/04/09 04:48

胸にじわじわ染みてくる、とても素晴らしい恋愛小説でした。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

胸を噛むような恋愛小説、その中にミステリとホラーの味わいを潜めた
ような、これはとても素敵な作品集でした。

孤独を抱えた登場人物の心の痛み。運命として定まり、進退窮まった絶望感。
そんな中で、一度掴んだら絶対に手を離してはいけない、人生でただひとり、
かけがえのない女性との邂逅。惹かれて行く気持ちのどうしようもなさ。
もろくてはかない、だからこそ切なく、かけがえのないものとして
抱き留めている思いが、作品にぎゅっと詰まっているかのようでした。

なかでも良かったのが、3つの話の最後に収められていた「花」。
ロードムービー風の話の展開に乗って、愛の奇蹟が秘やかに語り
紡がれて行く話。野に咲く花のように可憐で、香り高い作品でした。
読み終えて、目頭がじわじわーっと熱くなりました。

真っ白な表紙カバーに、小さくタイトルと著者名が印字された装丁。
紫色の花を描いた鴨居まさねさんの挿絵のイラスト。
心に染みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本スタジアム虹の事件簿

2004/04/09 04:34

球春!颯爽とした野球ミステリを楽しみました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

東海レインボーズの新しいオーナーになった虹森多佳子が、安楽椅子探偵
として事件の謎を解く連作ミステリ短編集。話が進むに従って、万年最下位
球団の東海レインボーズの戦いぶりにも目が離せなくなっていきます。

最初の話。新オーナーの多佳子に同行した登場人物が、野球のルールを
解説していく場面。「これほど野球のことを知らないっていうのも、
ある意味すごいんじゃないだろうか」と妙に感心したり、その会話に
ウケたりしながら、すんなりと作品の世界に滑り込むことができました。
オーナーだというのにちっとも偉ぶらないんだな>多佳子さん
素敵なキャラだなあと引きつけられました。

東海レインボーズの選手の名前が、あることで統一されてるってのも
面白かった。作者のこういう遊び心、好きです。

話で一番面白かったのは何かな? 読んでいてワクワクしたのは。
私は、そうですねぇ……。四番目の話「騒々しい虹」かなあ。
レインボーズ・ファンの小学生が語り手になって、おかしな事件に
巻き込まれるその冒険談。じわじわと高まっていくサスペンス風の展開に
結構ハラハラさせられたし、少年のぼくと「変な女」とのやり取りに、
あたたかな気持ちになりました。

最後の第五話「ダイヤモンドにかかる虹」で、連作短編集としての
趣向を効かせて、首飾りの輪っかを通すみたいに話が繋がったところ。
嬉しくなって、にこにこしちゃったな(^^)
ラスト一行も決まってましたっ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示