サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. COOさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

COOさんのレビュー一覧

投稿者:COO

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本おばあさんのひこうき

2004/09/25 12:31

おばあちゃんに逢いたくなります。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 あなたにはおばあちゃんがいますか? 世間一般では、おばあちゃんは料理が上手だったり、とっても物知りだったり「おばあちゃんの知恵袋」とはよく言ったもので、へぇ〜と感心させられたりする事が多ものだ。
 この本の主人公になったおばあちゃんも編み物が得意で一日中編んでいられるくらい大好き。そして、そんなきままな一人暮らしを楽しんでいたが、最近では心配した娘さんの家族との同居を迫られている。
 これだけでは、まるでどこにでもある年寄りのお話だが、ここからが佐藤さとるさんのお話らしいファンタジックな世界の始まりだ。あるとき、おばあちゃんは編んだものがフワフワと浮き上がる不思議な編み方を発見してしまう。そして、どんどん大きく編み続けて、ついに……。
 ごく普通のおばあちゃんが、とんでもない大冒険をしてしまうお話なのだ。この、高齢化社会の中でよく見かけるあのおばあちゃんも、いつもは椅子に腰掛けて居眠りばかりのそのおばあちゃんにも、実はないしょですごい活躍をしたんじゃないかと創造してしまうような、そんなワクワクするお話だ。読み終えた後、きっと最近こぶさただったおばあちゃんに電話しようかなと思うんじゃないだろうか。
 わたしは、以前から大好きな佐藤さとるさんのお話を、自分の子供に読み聞かせようと幼年向きのこの本を選んだのだが、この本がきっかけで子供達がおばあちゃんを「人生の先輩」として見直すきっかけになってくれたらと思う。いつもニコニコ、ともすればちょっとヨボヨボの頼りないおばあちゃんのイメージが変わって、うちのおばあちゃんもすごいんじゃないかといっぱい話をしてくれるようになれば最高だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示