サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 十叶さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

十叶さんのレビュー一覧

投稿者:十叶

2 件中 1 件~ 2 件を表示

守るとか、守られるとか。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この本は、誰かを守るとか、守られてるとか、そういう点に重視を置いているような気がします。
 誰かを守る事は、ヒトリじゃないからリスクも大きくなる。けれども、守りたい。
 守られてるっていう事は、それだけ誰かに負担をかけてる。
 その中で、愛とか、恋とか、そういう感情が混ざってきて。
 自分は強くない、守られてるから
 って想う少女が主人公です。
 少し、クライマックスに危機感が欠けるのが残念ですが、キャラクター個人個人はイイ味してると思います。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

埋葬惑星

2004/04/29 16:49

やらなきゃいけない事。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 慰霊用猫型アンドロイド・ジョーイは、マルコという子供の為に作られた。
 ジョーイが生きていた頃に良く見ていたという本の中に、ある言葉が書かれていた。
 マルコ一筋のジョーイと、ジョーイに救われたフランと、訳アリで少女の死体を探すモノローグ。
 これは彼らの物語である。
 残念ながら、フランの過去にはあまり触れてはいないが、読んだ後には胸にじんわりとしたモノが残るかも。
 次巻に期待してイイお話。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示