サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. bonkoraさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年4月)

bonkoraさんのレビュー一覧

投稿者:bonkora

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本世界一やさしい会計の本です

2005/04/12 18:47

一つの視点を与えてくれる希有な本。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

どんな事でも、
とっかかり、というのは、
ものすごく重要だと思う。
子供が、初めて出会う人である
母親の影響を非常に大きく受け、成長するのに似て、
学問も、初めの第一歩をどう歩み出すか、
そしてその歩め方次第で、
その後の能力向上に大きな違いが出る。
一体何の話かと言えば、
幼児教育の話ではなくて、会計の話。
ぼくは、個人的に簿記・会計を学んでいる。
そもそもは、資格取得のため嫌々始めたのだが、
当初、あまりにもの複雑さに、
一体どこから手をつければいいのか分からなかった。
そこで、何度も何度も教科書を読み、
簿記・会計の全体像を理解する事に努めてみた。
そうすると、ある日、ある法則に気が付き、
サーッと理解が進んでいった体験がある。
あー、なるほどよかったよかった!と思っていたら、
何気なく手に取ってみたこの本に全て書いてあるではないか!
しかも、めっちゃわかりやすく。
ということは、分かりにくい簿記・会計を始めるきっかけとして、
この本を初めから読んでいたら、
ぼくの無駄な時間は、必要なかったってわけだ。
続きは読んでのお楽しみ。。。。
※この教え方はまさにコロンブスの卵ということで、★5つ

参考:評者のサイト

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本海馬 脳は疲れない

2004/06/07 15:29

アタマの幸せな使い方。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

アタマをドーッと使わなければいけない、
アタマのかしこい使い方を指南してくれる本。

脳のお話だけど、小難しい学術書なんかではなく、
糸井重里と若手の脳科学者さんとの対談で
軽快なテンポで話が進んでいく。

『海馬(かいば)』、はじめ聞いたときは
何のことかよくわからなかった。
海のような馬のような。
どうやら、脳みその一部の名称らしい。

海馬という部分は、
人間の脳のなかでも、非常にクリティカルな部位だ。
人間が、人間の生活を送る、
というか、生物が生きていくために必須といっていい。

記憶を引き出す、
これが、海馬の役割。
記憶する(それは脳の別の部署の役割)のではなく、
記憶した事から、必要な情報を瞬時に取り出し、
状況に応じて分析する、
この役割を、海馬は担っている。

たとえば、野生の動物だと、
危険を察知して、サッと回避の行動をとるだろう。
それは、海馬が、脳に蓄えられた
危険という情報をさっと引き出し、
体に命令を下すことができるからだ。

だけど、海馬を除去してしまうと、
危険が危険だという認識を持つことが出来ないため、
そういった行動をとることができない。
実際、マウスの実験や、何らかの理由で海馬を失った人は、
そういう状況に陥るらしい。

そんな海馬の話を、
最新の脳科学の成果も含めて
軽快なテンポで教えてくれる。

海馬が活性化されている→脳の働きがよい状態、
という、テーマで話が進んでいく。

海馬は失敗や失恋でも活性化する、
暗い話が逆に脳の働きをよくしてくれる、
そんな、生物に欠かせない、身近な存在である、
“脳”さんの意外な姿を、教えてくれた。

大切なのは、脳の働きを止めないこと、
暗い気持になったり、自暴自棄になったりすることが
一番、脳に悪いのだと思う。

ぼくは失敗だらけだけど、
その度に少しでも脳が働き、
海馬が活性化され、
アタマがよくなっていくのなら、
別にいいかな??と、
この本を読んで思うようにもなりました。
まあ、一番いいのは、同じ失敗を繰り返さず、
次の成功につなげることだけどね…

ともかくも、全編プラス思考の本。
アタマで悩み、アタマで疲れている人全てに
ぜひ読んで欲しい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本輪違屋糸里 上

2004/07/02 09:56

弱い男、強い女。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『輪違屋糸里』を読んだ。

「輪違屋」というのは、京都で置屋を営んでいるお店。

浅田次郎の、『壬生義士伝』につづく、新撰組異聞第二弾。
話は、新撰組局長芹沢鴨の暴挙から、その暗殺までを描く。
のっけから、芹沢鴨の暴君っぷりで始まり、
やはり芹沢は、ひどいやつだ!という印象を確かなものにする。
が、実は、彼のそんな行動の裏には、隠された秘密があった…
読み終えてみると、「芹沢鴨も、人の子よのぅ…」と思える。

さて、結論から言えば、『壬生義士伝』のように、
ググッとくるものがあまり無い。
泣かせ文学が、浅田次郎の真骨頂だと思っているが、
読者に畳みかけるように訴えてくるパワーに欠けている。
その原因として、主人公が見えにくい、ということが挙げられる。

一応、主人公は、輪違屋で天神をつとめる、糸里、という女の子。
だが、その脇を固めるキャラクターも、
負けず劣らず自己主張をしており、
どうもその陰に糸里が隠れてしまっている。
まあ、相手が、芹沢鴨、土方歳三、お梅
といった有名人だから仕方ないか。

で、話の筋を、ざっくりと言ってしまえば、

女VS男

という構図だろう。
別に、双方で殺し合うとかいう内容ではなく、
女の持つ強さと、男の持つ弱さ、
それを隠そうとして強がる男を、女が優しくいさめる、という構図である。

そう、この作品で描かれている女は、みんな強い。
ほれた男のために、自分の夢のために、
愛する息子のために、家のために、
女達は、必死でそれらを守り抜こうとする。
時代の流れに翻弄される男を後目に、
女達はどっしりと構え、そこから動かない。
そんな強い女に比して、男の強さなんてかすんでしまっている。

話はガラッと変わるが、ぼくは、女が男を男にする、
という持論を持つ1人である。
男は、女次第で、よくもだめにもなりうる、という事だ。
残念ながら、ぼくは、いまだそういう人に巡り会ったことがない
(それは自分にも責任ありだが)。
だが、ぼくが知っている、かっこいい男の人たちは、
みんな女によって男を上げている人ばかりだ。
一見強面の某さんも、やさしい奥さんの前では、少年の様になってしまう。
ぼくの友人の某も、愛する人のために、
必死で難関資格にチャレンジしている。
一つ言えることは、彼らはみな、女によって男を上げた、という事実だ。

『輪違屋糸里』は、たんなる芹沢鴨暗殺だけの話ではない。
そこで描かれているのは、男を男にする女たちの生き生きとした姿である。
情けない、弱い、もろい、見栄っ張り、な男達のケツをたたき、
もっとしゃきっとせんかい!!!と、叱咤激励する女が、ここには一杯いる。

願わくば、ぼくもそんな女に出会いたいものだ(希望)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示