サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. つーづーさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

つーづーさんのレビュー一覧

投稿者:つーづー

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本三億を護れ!

2004/05/09 10:15

情けない人

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 教材販売会社の冴えないセールスマンの河内が宝くじを当て、三億円を手に入れる。ここから三億円という大金をめぐり、どろどろとしたやり取りが繰り広げられていく。
 とにかく河内という男が情けない。強い奴には必要以上にへりくだり、若い女の子にはころっと騙される。知ったかぶりの見栄っ張り。どうしようもない「阿呆」である。
 だが、これって程度のさこそあれ、誰でもが持っている資質ではないだろうか。ある日突然、大金を手にすることにより、自分の持っていた嫌な部分、見せたくない所が暴かれ、強調されていく。我が身を省みると、少し心痛むところもある。
 しかし、やはり自分のことは棚に上げて、河内は「阿呆」であると笑い飛ばしてしまう。「俺は河内とは違うんだ」と思ってしまうことで、実は作者の仕掛けた罠にはまってしまっているのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ワイルド・ソウル

2004/05/05 19:35

忘れてはならないこと

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 やった方は忘れてしまっても、やられた方は忘れられない。悪事なんてそんなものであろう。
 日本もつい数十年前は貧しかった。移民という政策があった。ところが移民政策の内容はいい加減なものであった。やせた土地での農業、過酷な労働、自然との闘い、病気の恐怖、といったものが入植者たちを襲ってくる。この移民政策の犠牲となったものたちが時を経て、日本政府ならびに外務省への復讐を企て実行していく。
 移民時代の苦しい生活や復讐劇というと陰湿な話のようであるが、そうではない。復讐ということに自分たちの人生を賭ける男たちは輝いている。ブラジル人気質を持つケイの明るさは日本人にはなく、読者を楽しませてくれる。
 移民の現実は学校では教えてくれない。しかし決して忘れてはならないことである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示