サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. チクタクさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年4月)

チクタクさんのレビュー一覧

投稿者:チクタク

2 件中 1 件~ 2 件を表示

心理学の実用的利用

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

心理学って面白いですね。多くの心理学に関する本は「他人がどう考えているか、感じているか」を解説しています。が、この「ココロの救急箱」はちょっと違っていて「自分がそのことをどう受け止めれば気持ちよく生きられるか」が解説されています。心理学の知識というよりちょっとした考え方。生きていく上で必須ではないけど結構重要なことかもしれないですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

2004/09/07 17:52

転機かも

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 前の4巻のハリーとは少し変わっている。自分はいろいろなことが出来るんだという自信と、本当は何も出来ないという不安との間で揺れ動いているのが思春期らしくていい。第4巻「炎のゴブレット」ではヴォルデモートとハリーの関係が決定的に深まり変化したが「不死鳥の騎士団」ではハリーと仲間達の関係が深まりつつも変化したようだ。
 このシリーズは敵と思っていたものが味方で味方と信じていたものが敵という法則があると思っていたのだが、第5巻でもこの法則は成立するようだ。前作までで決して仲間にはならないと思っていたある人が仲間ではないけれどもやはりハリーの擁護者であったことが判明する。味方が敵という部分はある意味ハリー自身に当てはまるかも知れない。
 とりあえず面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示