サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 湯浅俊彦さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

湯浅俊彦さんのレビュー一覧

投稿者:湯浅俊彦

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本図書館の政治学

2006/02/13 22:51

戦前・戦中期の図書館を知る貴重な1冊

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 図書館はさまざまな資料を市民に提供する。あるテーマに関して賛否両論があったとしても、双方の主張を著した出版物を所蔵することは図書館の重要な任務であろう。その意味で今日の図書館はいかにも価値中立的な印象を利用者に与えている。
ところが自明のことだが図書館は歴史的な存在であり、また社会的な存在でもある。そこにはつねに政治的な力学というものが働いている。では戦前・戦中期の図書館はどのような存在であったのだろうか。
 そのことを考える上で本書は格好の視点を提供してくれる。本書刊行の目的について著者は次のように書く。
 「(前略)戦前・戦中期、『図書館が発達しなかった』時代に、日本図書館協会を中心とする図書館関係者が『図書館充実のために』どのように国家的慶事を利用し、皇室の威光を借りたのかを主題にしている。その意味では、1986年(昭和61年)の国際図書館連盟東京大会への皇太子夫妻招請は、単なる国際的儀礼を超えた次元での検討を促す一つの契機だったのである」(9ページ)
 そこで本書では、学校教育と比較して国家から冷遇されていると感じていた戦前の図書館関係者たちが、国家的慶事を図書館振興に結びつけていく姿が『大正大礼記録』(臨川書店)や『紀元二千六百年祝典記録』(ゆまに書房)など近年公開され復刻版として発行された原資料に基づいて克明に描き出される。大正天皇の大礼(1915年〔大正4年〕)、昭和天皇の大礼(1928年〔昭和3年〕)、それに紀元二千六百年祝典(1940年〔昭和15年〕)の3つの皇室行事と図書館の関係が著者によって分析されていくのである。
 どのような理由であったにせよ図書館がたくさん設立されたのは良かったのではないか、という考え方に対して著者は、建物だけのモニュメントとしての図書館として捉える考え方を行政や大衆のなかに植え付けたのではないかと批判する。著者の問題意識は戦前・戦中期だけでなく、そのまま戦後の図書館像につながっている。
 ネット時代を迎えた今日だからこそ、図書館の政治学について冷徹に見据えていく必要があるだろう。そのとき本書はまことに貴重な資料になりうると確信するのである。
 (2006年2月13日)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本本は変わる! 印刷情報文化論

2004/05/27 21:49

印刷現場から見える本の未来

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本書は、京都の老舗印刷会社「中西印刷」の専務・中西秀彦氏が印刷現場の視点から出版メディアの現状と課題について論じたものである。
 私が印象的に思った部分をいくつか書いてみよう。
 まず、著者はこの本の書き出しの部分で、出版関係者と本の将来について語ったあとに必ずといってよいほど彼らが「本はなくなりませんよ。いくらインターネットが発達してもね」と言うことをやや皮肉まじりに紹介する。印刷を仕事とする著者にとっては、京都市の「公報」のように100年近くも印刷されてきたものが、突然、紙媒体からオンライン媒体に変化したという現実問題が眼前にあるからである。本書を著者が書く動機はまさにここにある。つまり、本がなくなるか、なくならないか、ではなく、現在本に起こっていることから何が見えてくるのかを明らかにしたいということであろう。
第6章「オンライン・ジャーナル」を読めばますます著者の姿勢は明快に見えてくる。オンライン・ジャーナルとかかわりのない人にとっては学術雑誌がインターネットで読まれるようになったと聞いても「それがいったいどうした」ということになるだろう。しかし、学術雑誌に執筆したり読んだりしている研究者やそれを収集、保存、提供している図書館、あるいはビジネスとしてかかわっている出版社、書店、印刷会社、製本会社などにとっては、これはまさに衝撃的な転換点なのである。
 つまり、「当事者性」を抜きに本書は語ることができない。これは印刷という現場を持つ当事者による現在の印刷文化論であり、出版メディア論である。したがって本書は社会調査や文献を駆使した研究書ではなく、むしろ印刷時代史を縦軸に著者が観察した文化現象を横軸にしながら、巧みな手さばきで著者の「印刷情報文化論」を織り上げていくという手法がとられていると言うことができよう。
 私には「私的印刷現代史」と銘打った第2章が興味深かった。とくに次の箇所は示唆に富む。
 「電算化したら生産性は上がった。それで、余った時間で労働時間の短縮を図ったり余裕のある経営ができると信じていたのに、単価が下がってしまったのである。(略)それでも電算写植の原価償却は続けなければならないから泥沼である。さらに九〇年代は、コンピュータの価格自体も崖から飛び降りるような劇的な低下があったことはご存知のとおり。電算写植も次々と高性能低価格のものができてくる。それを導入しないと安値競争に参加すらできない。印刷業界はこの電算の泥沼に足をとられたまま、現在に至っている。」
 新しい技術を導入するにあたってその明と暗をしっかりと見定めることが必要であろうが、どの業界にしても変化はまさに加速度的である。立ち止まって考えていたら先を越されるが、一方で誤った投資は命取りになる。出版メディアの関係でいっても書店におけるPOS(販売時点情報管理)システムや、最近注目を集めている電子タグの出版物への装着など、ある程度の周期で新しい技術の導入が話題になり、毎年のように新製品が登場する。ところが経営の場面でも労働の場面でも楽になるどころか、今後の展望すら見えない、ということがしばしばあるのだ。
 本はこれからいったいどうなっていくのか。明治の創業以来、木版、活版、平版、電子印刷と時代の流れを見ながら事業を継続してきた印刷会社からの視点はじつに刺戟的である。本の未来を考えようとする若い人たちにぜひ本書を読んでほしいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示