サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. りいなさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

りいなさんのレビュー一覧

投稿者:りいな

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本ダーリンの頭ン中 英語と語学

2005/03/04 21:39

英語学習の副読本や息抜きに!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「ダーリンは外国人」を書かれた小栗 左多里とその旦那様の共著による英語や語学について、分かりやすく書かれている。
 特に英語アレルギーを持っているけど英語学習をどうしてしなくてはいけなくなった人に読んでいただきたい。なぜなら、私は英語を聞いたままの発音で声に出して発声する事が出来なくて、日本語には複雑な発音がないからダメなんだと思い込んでいたのですが、この本を読んで、日本語だって複雑な発音があることを知り、早期学習をしなかったからダメなんじゃないし、そういうことなら努力すればいつか話せるようになるはずだと勇気をもらった。
 また、日本語の優れた点や英単語の成り立ちなどがとてもわかりやすく解説されているので、言葉にとても興味を持つことが出来た。特に英語学習に一番必要な単語などを覚えるということは、とても単調で飽きてしまいやすいのだが、小栗さんとトニーさんのようにたった一つの単語から色々な単語に膨らんでいかせるという手法はとても参考になった。
 この本では基本的に英語や日本語について多く書かれているが、この本に書かれていることはどの言語を勉強する上でも勉強法のベースになるので、何かしらの言語をマスターしようと考えている人は一度読んでみて欲しい。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本やがてマのつく歌になる!

2004/12/28 13:41

謎が謎を呼ぶ!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今回やっと聖砂国にたどり着きます。
でも聖砂国編はまだまだ中盤なのかな?という感じです。
この本を読む前に外伝「お嬢様とは仮の姿!」をおさらいしておきましょう。
そして、読み終わる頃に
「お嬢様とは仮の姿!」と
聖砂国編「めざせマのつく海の果て!」
「これがマのつく第一歩!」
を読み返したくなるので側に用意してから
読み始めることをお薦めします

気になる中身は
まだ日本では勝利もムラケンも異世界に行けず
勝利は意外な人物と知り合います。
今回ムラケン・ボブ・ロドリゲスは登場せず
(ボブは電話だけでした…)
この辺りが何をやらかしてくれるの? 謎です。

グレタ姫すごい能力持っていました。
ただの人間ではない感じですが
この辺りもいつか謎が解けるといいのですが…。

ヴォルフラムは今回はちょびっとだけの登場。
コンラッドに関してはちょっと謎が解けたかな?と思ったら
また謎が!!!!!
そして、なんでこの人がこんなところに????

次が恐ろしい程気になります…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本これがマのつく第一歩!

2004/09/30 22:43

どうなる?ユーリそして…

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本作品はNHK衛星第2で放送されている「今日からマ王!」の原作本最新刊になります。本作品は聖砂国外交シリーズ(といったらよいのでしょうか?)の中盤になり物語としては、まだまだこれからといった感じですが、思わぬ展開に息をつく間がありません。

今回恒例の冒頭文はヨザックの思い出でしょうか? ここは物語のヒントとなることが多いので読み飛ばさないようにした方が良いのだろうな…。

話は地球にいるムラケンが渋谷家に訪れるところから始まり
どうやら今回の地球におけるユーリの眞魔国滞在時間は異常のようです。
そして勝利兄ちゃんとちょっとしたバトルをしている間に
勝利兄ちゃんとボブのつながりを知ったムラケンびっくり!
こちらは名づけるとしたらメガネチーム!


※勝利君とボブのつながりについては息子はマのつく自由業!? に
そしてムラケンとボブのつながりについてはお嬢様とは仮の姿! に書かれています。

前巻でムラケン出番なさすぎーとガックリきていたのですが、
今回のシリーズにもムラケンの出番がありそうで嬉しいです!!

本筋チームのユーリ達はサラレギーと共に聖砂国への船の中
やはりコンラッドとユーリそしてヨザック達は微妙な感じです。
はやく元のコンラッド&ユーリに戻ってほしい
サラレギーはなんか陰謀をめぐらせているような気が…
こちらのチームはかなり深刻なムードで話が重いです。

オイテケボリチームのヴォルフ達はギーゼラ達と合流。
そして、なぜかアーダルベルトも…
こちらはギーゼラが本性丸出し&アニシナの謎の薬…おそろしか!
ヴォルフラムは弱っているせいか「じゃり」言葉復活!
とどめは恐怖! ギュンターの秘術…

読み進めて、面白くなったところでムラケン的ツアーコンダクター宣言??
え? まだページがいっぱいあるのになぜあとがき???
理由は書いていたらページ数が多くなり巻を分けることになったとのこと
そして、一冊分丸々本編にすると暗く救いのない話で終わるから
キリのいいところで今回は終了し、短編「マ王陛下の優雅な一日」を入れることにしたそうです。
次の巻はなんと今冬に発売予定だそうです。
タイトルは「やがてマのつく歌になる!」だそうです。
もう今から読みたくて仕方ありません!!

マ王陛下の優雅な一日ではグレタちゃんが超萌えます!
こんなに可愛い娘ほしい!!
本編が深刻な展開なのでこちらのほのぼのした雰囲気は
心が癒されます。確かにこのチョイスは嬉しい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示