サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Marikoさんのレビュー一覧

Marikoさんのレビュー一覧

投稿者:Mariko

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本忘れ雪

2004/05/30 17:17

冬のソナタが好きな人は読んでみては…??

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本の前半部分は切ないながらも、キレイで純なストーリーを描いている。涙も誘う。だが、静香が桜井を想うまっすぐ過ぎた気持ちが…許されぬ行為へと歪んでいったあたりから、読んでいていい気分にはならなかった。何年経っても忘れられない人を想い続ける深雪の姿は…「冬のソナタ」を思いださせる。よく考えれば…純愛というストーリー性が似ている。冬のソナタが好きな人は、この物語のキレイな部分には大いに感動・共感するはず! でも、この物語では、人物関係がドロドロに構成されていて(サスペンス劇場並!)、最後の方に暴力シーンもあり、終わり方があまりにつらい愛の形であった。私が五つ星にしなかったのは、そういった部分が気になったからだ。そこを気にしなければ…心の支えとなる人・動物への一心の愛を描いた素敵な物語だと思う。ついでに言うと…冒頭部分の詩のような文章は、初めに読んでもいまひとつ意味がつかめないが、読み終わった後に、もう一度読み返すとよい。そうすれば、作者がこの物語に託したたくさんの思いが伝わってくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示