サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 横松知子さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

横松知子さんのレビュー一覧

投稿者:横松知子

1 件中 1 件~ 1 件を表示

主婦である私にとっても教えられることが多い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いつもながら久恒様の文章は読み易く内容は若いサラリーマンへ啓蒙書でありながら主婦である私にもとても教えられることが多い著書でした。
まずP.46−47にかけて曼荼羅についてお書きになっていることは小説を書く時の考え方、向かい方に重要なことだと教えられました。(サラリーマンに限らず)

 P.52図解は究極の要約力のうえでいつも思うことですが、物事を図解思考のできる人間とまったく出来ぬ人間があるのではないかと思ったのです。図解力でいつも劣等感を持っている私はやはり、見晴らしも悪いようです。

 例えば夫は住むところまで高いところが好きで、つまり見晴らしの良さを好むし、物事を考える時対極をつかむのが得意ですが、どうも私は昆虫的なのではないか(地を這いずり廻るだけの)かとこれも劣等感につながっていました。「見晴らし〜」をよくするのは、練習もあるのでしょうか?

 P.92「視線は高く、行動は野蛮に」は大賛成です。魯迅が人間の持つ野生を人間を向上させるエネルギーととらえている文章がありましたが、ビジネスマンでなくても「おかみさん」の生き方にも是非これは必要だと思いました。

 P.110「ベンチマークとしてのライバルを持とう」にとても感心しました。「ライバル」という言葉の捉え方に感心し久恒様がエネルギッシュに秀れた仕事が出来ている現在をそのまま知らされました。若い後輩たちにとてもよい教訓になると思います。

この章を読んで「ライバル」という言葉をこんな風に考える久恒様の性格の明るさ向上心を貴重なものに思いますます感心しました。

 狭い社会に住んでいるとまったく「ドングリの背比べ」になりがちで、のびようとする人間もつまらに嫉妬心によって萎縮してしまうことがあります。
P.186日航在職中に「安全」を「安心」にかえられた語感の豊かさ、鋭さにも感心しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示