サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 池田@ママさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

池田@ママさんのレビュー一覧

投稿者:池田@ママ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

彼女は花のようだ

2005/06/17 17:03

いしかわう氏二冊目の本は長編です

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

前回の「雨のドライブ」は短編集でしたけれど、今回は長編。表紙絵の鮮やかさにひかれながら読み進むと奇想天外に思えつつも、地に足のついた独特の世界を味わう事ができます。ラストのシーンは一瞬息が止まってしまいました。初恋の人とHをするって確かに女の夢なのかもしれません。男性よりも女性にオススメの本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

インカ帝国崩壊の歴史を読む

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

インカ帝国崩壊

 本書はスペインが新大陸捜索を行いインカ帝国崩壊の足音が聞え初めた頃から帝国が崩壊する迄を日本の翻訳書のみならず、海外の専門書を丹念に読み拾い編まれた研究所である。しかし書き口は小説を思わせるような作者の冷静な目からであり、一般の人間が読んでも口に合わないような事は無いと思う。

 私は二十年以上前、幼い頃高階良子が描くインカ帝国のマンガを食入るように読み育った人間だが、その時感じた疑問や問題点が本を読み進むにつれ氷解して行くのは非常に痛快であった。娯楽作品のように残虐シーンは極力省いた構成は学術書として読む学生の目を意識したのであろうか。詳細知りたい人の為に巻末には膨大な書籍リストが並ぶ。著者がこの書籍を完成させるまでにどれだけ苦労をしたのかが垣間見れる事よりも、手間を惜しまず、この本を読んで更にアンデス・インカ文明について構想を巡らせるであろう人の事を常に忘れない作者の誠実さが書籍から感じられるような気がした。

 キリスト教の布教を進める為。と言う旗印でどれだけ悲惨な事件が起こったのか。読み進むにつれ今もそうではあるが白人がどれだけ有色人種の人権を認めず暴挙の限りを尽くしてきたのが分かる。それは肉体的な苦痛だけでは無い。改宗の強制、人格の否定。正に帝国崩壊と同時にこの本も終わりを告げてしまうのだが、最後のページを捲った瞬間「終った。終ってしまった」と私は何度も次のページを探してしまう程、私はインカ帝国崩壊の悲しい歴史の中にどっぷりと埋まってしまっていた。

 定価三四〇〇円は高いので今後簡略版を出す予定であると作者は巻末で語っているが、この内容で三四〇〇円は全然高く無く、全てを読み感じる価値は非常に高いと思う。「インカ帝国物の新しい本は多分もう書く事はないと思う」と作者は語るが是非続編をまた書いて欲しいと思う。装丁も綺麗でとてもこれがオンデマンド書籍とはとても思えなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示