サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. wisteriaさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

wisteriaさんのレビュー一覧

投稿者:wisteria

3 件中 1 件~ 3 件を表示

食べなくても生きていけたら・・・

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本の優れている点は、著者であるジェニーン自身が過食に悩み、その経験と乗り越えて行く道のりを、恐らく全く隠さずに示していることです。
たくさんのワークが載っており、ひとつひとつ、自分でやっていくことで一歩ずつ解決に近づいていくことが出来ます。
過食ということで、「もっと〜しろ、もっと〜するな」という言葉を聞くことにはうんざりしていた(例え過食に対するものでなくても)私に、彼女の言葉はゆっくりと、やさしく寄り添い、確実に出口の存在があることを悟らせてくれました。
「過食、してもいいのよ」
なんて、誰が今まで言ってくれたでしょうか。
「あなたは愛すべき人間よ」
と、誰が教えてくれたでしょうか。
自分を見直すことが必要になるため、読んでいて辛くなってくるところも幾つかあります。そういったところは、一番乗り越えるのに力の要る問題を抱えている部分です。ゆっくり読み進めましょう。一度で全部できる必要などないのです。
これは、体験した人にしか書けない本ではないだろうかと思いました。
「今、つらい」
という人に、是非読んでいただきたいです。
きっとこの本は力強い友人の一人になってくれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

私は何故、このような行動に出るのか

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

書き込みをしながら、強迫摂食(食に関する嗜癖)の根本を見つめ、克服しようという本です。自尊心の向上なども織り込んであります。
過食するときの食べ物の種類(硬さ、味、喉越しなど)と感情についての表記などもあります。私はこの本のワークをやって、自分に怒りが溜まっていたということに気付き驚きました。
この手の本としては安いですし、お勧めです。ただ初めのほうの「〜を食べてはいけない」というのがちょっと辛いところがあるので、適当に読んで(笑)、ワークをやるのが良いかも・・・。
本として薄いので、全て読み終わるまで時間が掛かりません。一方、自分の変化が読み終わるまでの時間よりもどうしてもかかるので、そのあたりの兼ね合いが難しいかも。
訳者の後書きにもありますが、ストレスと向き合う、または食以外の嗜癖の対応にもおすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本恋愛について、話しました。

2005/11/25 15:21

これ、恋愛本じゃないぞ!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

恋愛について、お二人は話していたのかもしれません。
が、
恋愛本じゃないです。
人生で、どう人と向き合っていくか。どういった自分にしたいのか。どういった生き方をすると、人生が楽しいのか。男と女って、どういったものなのか。
この本は、女としてのお二人のいきることについての本です。
自分を生かし、活かし、人とともに歩む。
自分の悩みが、「中学校くらいで終わらせておいてほしいわね」というレベルであったことが、なんとも己を活かす方向に気持ちよく奮起させられました。
さらっと読んでもじっくり読んでも、いい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示