サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ニックさんのレビュー一覧

ニックさんのレビュー一覧

投稿者:ニック

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本月と六ペンス 改版

2004/10/01 18:34

モームってこんな人

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あるインタビュアーに質問された。
「これだけ名声を得て、ご気分はどうですか?」
モームは笑って答えた。
「嬉しい。あなたが真珠のネックレスを人から貰うのと同じだ。
 しかし、しばらくすると、それが本物か養殖か気になりだす」
やはり、この男の感性はタダモノでない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本われらの時代・男だけの世界

2004/09/15 23:52

ヘミングウェイの短編について

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ヘミングェイは長編より短編小説の方が優れている、と私は思う。簡潔で無駄のない文体や登場する頑健な男たち。これぞ、まさにアメリカ、と感じさせる大胆な描写、破天荒な行動、優しさ。しかし、それは小説の長短には関係ない。どの作品にもそういう要素は含まれている。彼はそれを短編の中にさえ自然に収納できている。簡潔で短い小説。だからこそ伝わる、「生きる」ということ。オレは、だから、フランスやロシア文学よりすっと好きだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示