サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. アケガラスさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

アケガラスさんのレビュー一覧

投稿者:アケガラス

1 件中 1 件~ 1 件を表示

匂いの詩人

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

楠見朋彦さんがホームページに発表されているエッセイで、本書にふれられているので、御紹介します。

「視覚の仕組みも、聴覚のメカニズムも、相当細かいところまで解明されているのに、こと嗅覚に至ってはまだまだ未知のことが多い。
 ルカ・トゥリンは、おそろしく鼻のきく科学者だ。
 においの分子がもつ形が、鼻にある受容体にあてはまることで、それが何のにおいであるか分かる、というのが従来幅をきかせてきた説らしいのだが、彼は、われわれの鼻が捉えるのは分子の形ではなく、分子の振動なのだという新説をとなえ、それを実証するための実験に日夜励んでいる。
(中略)
 たとえば、青酸カリはアーモンドのにおいがする。ミステリーをかじったことがある者には周知のことだが、実はふたつの分子を比べると、かたちが同じではないらしい。これは、従来の嗅覚の形状説では説明がつかない。
 トゥリンはかたちが違うのに、同じにおいがするものを、物色する。また、かたちが同じなのに、においが違うものも探し出す。さらに分子に手を加えて、こんな臭気になるだろうと見当をつけた臭いに変化させる。

 においの予想が可能になる——これはすごいことだ。香水業界の人間も、黙ってはいない。我先にと彼とコンタクトをとりたがる。
(中略)  
 理論が完成すれば、ノーベル賞は間違いないらしい。
 彼の音楽家の友人が感嘆したように、においが振動であるということは、音を捉えるのと同じこと、つまりにおいを聴き、音を嗅げるということ! 今後の報告に注目したい。」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示