サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. pinokoさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

pinokoさんのレビュー一覧

投稿者:pinoko

1 件中 1 件~ 1 件を表示

警官嫌い 連作警察小説

2004/06/21 13:36

JAZZな刑事、海道

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 一匹狼の刑事というと、どうしても大沢宏昌の新宿鮫が頭に浮かびます。新宿と横浜、どちらの町も人種の坩堝だし似てますよね。キャラ的にも結構かぶりますが、私は海道刑事の方はJAZZっぽく、鮫島刑事はROCKまたは演歌チックに感じます。それはどういう意味か?というと、感覚的なものなので説明しづらいのですけれど。う〜む、なんていえばいいのかな? バーでお酒をのむ時を設定しましょう。海道刑事は、ウィスキーのオンザロック、鮫島刑事はキ〜ンと冷えたビールを瓶で飲む、という感じかな。小説の中の状況とは異なりますが私の勝手なイメージです。理解できなくともケンチャナヨ〜!
 今回、作品の底に流れているのは、JAZZでなくビートルズの「フール・オン・ザヒル」でした。この曲を脳内に流しながら本を読むと、日韓ハーフで、署内でも孤立している海道のやり切れなさ?のようなものに感情移入しやすいのではないでしょうか。
  先に読んだ横浜狼犬シリーズの「青龍哭く」とか「清算」で判らないことがいくつかありました。この本で、韓国人の情報屋との出合いが書かれます。結構危ない橋もわたってくれるこの情報屋とどうして知り合ったのかという疑問が判明しました。後のお話で、殺されてしまう、今はアル中の宿無しである上司のこともちらりと出てきます。時間を追って読み直してみたいと思いました。
 それと、この本の書評にはならないかもしれませんが、後書きにあった、「真夜中の東側」ー短編の副題にJAZZの曲名が書いてあるやつーは今も入手できるなら探して読みたいと思いました。洒落ているではないですか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示