サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ファーさんのレビュー一覧

ファーさんのレビュー一覧

投稿者:ファー

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本朗読者

2004/06/24 12:50

朗読者

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

戦争に関わった人。戦争を支持した前の世代。目に見える犯罪者と一般の大衆の違い。被害者からはハンナは決して許されることがないし、許され得ない。しかし反省し努力した日々は、主人公には、認めてらいたかっただろう。主人公は、決局ハンナから逃げてしまった。ハンナを自分の非現実的な、「特別なもの」「それ以上にはならない存在」にしてしまった気がする。そして、ハンナはそれ以上現実の世界にはいられなくなってしまった。彼女自身は、社会への復帰を願っていただろうに。唯一のつながりであった「坊や」。結局は「坊や」も、自分の弱さに気付きながら、黙認した。親の世代のように。どちらも繊細で傷つきやすく、弱かった。悲しすぎる最後だと思うが、だからこそリアルで、考えさせられた。弱さゆえに失ってしまった景色、心の満たされた生活への憧れの想いは、胸を締め付けて、涙が止まらなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示