サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ハイブリット・ロートルさんのレビュー一覧

ハイブリット・ロートルさんのレビュー一覧

投稿者:ハイブリット・ロートル

1 件中 1 件~ 1 件を表示

大東亜戦争肯定論

2004/06/24 17:30

日本近現代史の指定参考書決定

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 当書が書かれた時期、あの安保騒ぎの昭和38、9年は我等の学生時代、
現小泉総理も同様だったはず。そして著者62歳とは今の私の年齢だ。
デモ学生ではなかったが、さりとて自国の近現代史を真剣に考えている学生
などでもなかった。いや、歴史に興味が無かったと言った方が正解か。
50歳を過ぎてから、待てよおかしいぞ、何故こうも隣国の連中に言われっ
ぱなしで反論も無く謝罪の連続なんだ?と思いだしたのです。
教そわらず、かつ歪んだ戦後の歴史感には気付いていたので、これは自分で
調べるしか方法は無い、と勉強を始めたわけです。
 この本は友人が貸してくれたもの。些か時代がかった題名とは思ったが、
とんでもない、そう思うことが、知らずに洗脳された結果と知りショックで
した。言論統制と検閲を敷いて実施された米国の戦後日本占領統治は、彼等
の意図以上に薬が効き過ぎ、今だ麻酔から覚めない日本人が大勢居そうです。

 近代における自国の戦争を全て悪と切り捨てる単純史観は、この本を読め
ば一掃されるでしょう。ペリー来航以前からの一世紀は西欧列強の帝国主義
的植民地政策の時代であった事に思いを馳せれば、それに参加せねば国が食
われてしまうと危惧した先人達の英知、才気、気力、勇気には、ただただ頭
が下がります。
そこに着目し、詳細に読み調べ実証的に解説してくれる当書は、著者のみな
らず私までもが、もっと読まれてしかるべき素晴らしい歴史解説書、と思う
のです。政治家と外務省の役人には必読の義務を、高校生以上には近現代史
の指定参考書に、と声を大にして言いたいですね。  

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示