サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. りぅ&ななさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

りぅ&ななさんのレビュー一覧

投稿者:りぅ&なな

4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本三国志 10の巻 帝座の星

2004/09/17 22:00

死に逝く英傑

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

関羽の死から早数年。劉備は孫権の首を獲るべく呉軍を攻める事を決意する。
そんな中、曹操にも死が迫っていた。
曹操の後継者に曹丕が選ばれ、曹丕は強引に帝になった…


英傑と呼ばれる人物が時の流れにつれて1人また1人と姿を消していく。
ある人は病気で、ある人は戦いに、ある人は暗殺によって…

残された者は自分を責め、悲しみに涙し、怒りに震える。
夢を叶えられずに逝った者は我らを見ているのか?
待っていてくれ必ず仇はとってやる!

もうそれしか考えられない。



私は北方三国志でこれほどまでに感情が動くとは思ってもいなかった。
三国志の結末は知っている。知ってはいるが止めてくれ! これ以上誰かが死ぬのは見たくない!
私が蜀にいるのなら呉を攻めたい! こんなに理不尽な事があってたまるか!
劉備、お願いだから呉を討ってくれ! そしてお願いだから劉備に勝利を!


そして、時は流れ「夷陵の戦い」の幕が切って落とされる…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本失踪HOLIDAY

2004/07/08 22:22

ちょっぴりな幸せ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

短編「しあわせは子猫のかたち」「失踪HOLIDAY」の2編からなっています。

前者は…
世界に光を見出せないぼく。大学に入ったぼくは何故か幽霊と住む事になる。怖いという感覚はなく、ただ受け入れるだけだった。
大雑把に内容はこんな感じです。
私は彼女の手紙に元気付けられました。切ないと感じる反面、頑張らなくちゃと。

後者は…
血の繋がりのない家族。あることがきっかけで主人公は家出を決意する。自分の間違いに気付いたときは遅かった。自分が書いた脅迫状が家に届いた後だった。


個人的には「失踪HOLIDAY」より「しあわせは子猫のかたち」の方が良いです。
両者とも、周りの人が優しくて、私の小さな心を動かします。
幸せを見させてもらいました。なんとも言えない嬉しさがこみ上げてくるのがわかりました。

この本を読んですぐの私の発言。
「この人(乙一)っておもしろい。」
下手なプロを上回る文章力。
シナリオ×文章力=(最高の)おもしろさ
コレが本のおもしろさなんだな。
本を読んでて良かった。これからもこんな本を読んでいきたい。
乙一さんにありがとうの一言だけ伝えたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

楽しい「故事成語」の時間

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私たちが今使っている言葉の語源を知ってますか?
この著書は史記の時代の流れに沿って「故事成語」を紹介していきます。
それなので一緒に「史記」の概観もわかります。
もちろん、本のタイトル通り楽しく、時には感心しながら読むことが出来ます。
「故事成語」を知りたいからという理由でなくても本して楽しめます。


一番メジャーなものとして「矛盾」というのがあります。
すでに語源はご存知かもしれませんが、一応例として、

とあるところに矛(ほこ)と盾(たて)を売る商人がいました。
商人は「この矛で貫けないものはない、そしてこっちの盾は何をしても貫くことはできない」と売っていた。
すると、客が「矛で盾をついたらどうなるんだ?」と言われ、商人は返答に困ったという。
このやりとりが「矛盾(むじゅん)」の語源になっている。

本を読んだ後なので著者に失礼かと思い、謝罪しておきます、すみません。
この様(本ではもっと詳しく)に書いてあります。
語源となったときの意味と今 日本で使われている意味もあり、本当に読んでる時間があっという間にすぎてしまいます。


カタイものだと思わずに一度てにとって見てください。
辞書のとなりに置いておいても面白いと思います。
特に史記系が好きな人にお勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ゲーム業界奇譚

2004/10/09 23:50

ゲーム業界の怖い話

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 そこは夢の業界と思うだろう。
しかし、科学で解明できない奇妙な事がよく起こる。

この本はゲーム業界に纏わる怪談を58つの話が収録された短編集です。
読んでいると自分の身に何か起こりそうな嫌悪感に襲われます。
読み終わる頃には何ともいえない不思議な感覚に陥ります。
「流行り神」「零」の裏でこんな出来事があったなんて…
その後、これらのゲームを手に取ることも控えたい。

読んだ貴方の身に何も起こらない事を祈ります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示