サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. エットさんのレビュー一覧

エットさんのレビュー一覧

投稿者:エット

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本悪魔のラビリンス

2004/07/04 19:17

本格探偵小説を読みたいなら

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

昔ながらの英米の黄金時代の本格探偵小説が大好きな方ならば、お勧めします。
かって1980年代始め頃、本格探偵小説を読もうとすると過去の遺産を漁るしかありませんでした。もう新しい書き手は現われず、ほそぼそと古本めぐりをするか、装いの替わった、何処にでもいそうな平凡な登場人物が事件を解決する、これが進化というならば黄金時代の本格探偵小説から比べてずいぶん遠くへいってしまった作品を読んで我慢するような半ばあきらめのような読書時代でした。
そこへ次々と新本格の方々が作品を書くようになって、いままで翻訳されてなかった、黄金時代の探偵小説も翻訳され読める良い時代になりました。
昔からの探偵小説ファンは、本格風の作品が読みたい訳ではありません。
頭の痛くなるような複雑な構成、ワクワクするような犯罪現場を表す見取り図、アニメ絵で表されるようなちゃちなものでない読者の想像力でどのようにもふくれあがることのできる理想的な、知的遊戯としての名探偵、それに対抗できる悪意、犯罪。
こうした物が読みたいのでしたら、この作品はおすすめします。
今、本格物が流行っているからといって密室、名探偵といったキーワードのみ使った作品は歓迎しません。
オススメしてるのに★★★なのは、1話目が面白くて、だんだん尻つぼみといった感なのですが、このシリーズの序段に過ぎないようで次回に期待してです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示