サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. くららさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

くららさんのレビュー一覧

投稿者:くらら

4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本たまごにいちゃん

2005/11/19 01:17

お兄ちゃんも甘えたいんだ!

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『たまごにいちゃん』は、ちゃ〜んとお兄ちゃんとしてどうすべきかは分かってる。お母さんも、そんなお兄ちゃんの気持ちを分かっているかの如く、『たまごにいちゃん』を温かく見守っている。そして弟も、たまごのままだけど、自分のお兄ちゃんである『たまごにいちゃん』を慕っている。
「僕はお兄ちゃん!」だから、弟の前では毅然として、お兄ちゃんとして弟に接する。でも、たまごのままならお母さんに温めてもらえて(お母さんに甘えられて)嬉しいから、たまごのままの自分を楽しんでもいる。
ある日、たまごにヒビが入ってしまい、「このままでいたい」と思ったものの、すっかり殻が割れてしまうと、「仕方ない。来るべき時が来た」と言わんばかりに、今までとは違う自分の姿を見て、あっさり「これもありかな」と受け入れる。
自分の下に兄弟ができるって、案外どの子も、こんな感じで自分の立場や状況を受け入れていくものなのかも、と思うと、赤ちゃん返りしたりする子供を、温かく見守っていけるんじゃないかな、と思ったりする一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本せんねんまんねん

2009/11/29 16:19

続いていくんだなぁ

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

まどさんの1つの詩が、1冊の絵本になるとこんな風になっちゃうんだ!!と感心しきり。

生命に終わりはないんだなぁ、時もずっと続いているんだなぁ、全て巡り巡って繋がっているんだなぁと、『ことば』と『絵』からしっかりと読み手に伝わります。
絵本になったからこそ、小さな子供にまでも、まどさんのことば『せんねんまんねん』の意味が伝わるのではないかと思います。

詩は苦手で・・・と、敬遠される方もいるかもしれませんが、こんな絵本になったら、受け入れやすくなるのかもしれませんね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本おやすみみみずく

2005/11/19 00:52

『あ〜、ねむたい!』と、大合唱!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ページをめくる度に、『あー、ねむたい!』と繰り返しの言葉があり、聞いている子供達は、声を揃えて一緒に『あー、ねむたい!』と合唱。
一本の木に集まってくる鳥やその他の動物達の声と、繰り返しの言葉で、子供達はお話しに引き込まれます。
色鮮やかな挿絵と簡潔な文章で、小さな子供から小学生低学年くらいの子供でも、楽しめて聞けるお話しです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本とっときのとっかえっこ

2008/12/20 01:22

タイトルが 「 粋 ! 」 な本です

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

少し大きく(小学校中学年くらいかな!?)なってから読んであげると、自分の小さい頃の事を回想しつつ、自分を可愛がってくれたおじいちゃん・おばあちゃん達の事と重ね合わせて、絵本の世界に入り込んで聞けるお話しです。

小さい頃、自分はどんな風におじいちゃん・おばあちゃん達に可愛がってもらったのか。自分が大きくなっていくとう事は、同時におじいちゃん・おばあちゃん達も歳をとっていうという事。大きくなると色んな事が出来るようになる。でも、歳をとると、それとは逆に衰え、今まで出来ていた事なのに出来なくなっていく事が増えてしまう。
大きくなった自分は、衰えたおじいちゃん・おばあちゃん達に手を差し伸べ、今までとは逆に、「してもらっていた事」を「してあげる」立場になったんだと教えてくれる。
それを「とりかえっこ」と表現する訳者はスゴイ!!
全て自然の流れ。当たり前の事なのに、本を読み進むうちにそれを思い出させてくれ、改めて周りの人を大事にしたいと思わせてくれる本。
最後は、暖かい気持ちになって読み終われるお話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示