サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ヨウスケのパパさんのレビュー一覧

ヨウスケのパパさんのレビュー一覧

投稿者:ヨウスケのパパ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

証券化の法と経済学

2004/07/13 21:18

研究者、実務者、学生にイチオシ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

証券化の概論書はこれまで複数出版されてきたが、これまでに理論的、学術的で、かつ、現実の実務を踏まえた証券化の概論書は類書をみない。証券化は法律・会計・税務上の技術的な側面があり、信用リスクの分解・移転や金融仲介機能のアンバンドリングといった経済学的な関心の対象となる一方、証券化市場では各参加者・関係者が知恵を絞り、仕組みやリスク評価手法に常に変化・進化が起きている現実でもある。著者は「1理論・制度・実務の各面にわたり、2法律学・経済学(・会計・税制)の各専門領域にまたがり、3研究書・概説書を兼ねられる、本格的な著作を目指した」と本書のはしがきで述べているが、その企図は高度に達成できているように思える。これだけ内容が多岐にわたり、しかも極めてレベルが高い著作であるにもかかわらず、本書は複数の著者による共著ではなく、単独の著者による作品であることは驚きに値する。学際的な論考であると同時に、現実の証券化市場の動向も解説しており、研究者や学生から証券化市場の第一線で活躍する実務家に至るまで、広い読者層にとって興味深く読み進められ、きっと得るものがあると思われる本である。学術的で実用的な証券化概論書の決定版。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示