サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. つめさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

つめさんのレビュー一覧

投稿者:つめ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本ロストハウス

2004/07/23 02:54

フィクションのドキュメンタリー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大島弓子の、最たる魅力のひとつは、彼女の作品の中でちゃんと人物が生きている所だ思います。絵やテンポをとると、一見淡々としているのですが、確実な感情をもって、物語は描かれています。いってみるとドキュメンタリーのように進んで行くのです。
だから、どんな事件が起こっても、日常の中でそれを受け止めていく登場人物達の姿が、儚くもあり頼もしくも映るのです。
そして大島弓子のもうひとつの魅力に、絶望だけで終わらないという所があると思います。決して夢のようなハッピーエンドではないけれど、ここに描かれたラストの数々は、リアルな希望をもたらしてくれます。この本は私にとって、ずっと一緒にいてほしい本のひとつです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本江豆町 ブリトビラロマンSF

2005/01/14 23:40

最適の町SF

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

とてもいい塩梅のSF。
例えば、中学生の頃、隣の町に行く、うちの学校と違う色のジャージの中学生が町中にうろうろしている、そういった最小単位のSFから、ほんのひとまわり大きなSFという匂いがする。嘘なんだかどうなんだか、という匂い。
それを、小田扉の筆で書く。しっくりと箱におさまったように、絶妙で完璧に出来上がっている。うまいなあと思った。藤子F不二夫の作品のような気持ちよさすらある。
ので、続編とか他の作品とかを読みたいとは思わない。あってもいいけど、これだけで十分お腹はふくれる。いい本だと思います

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示