サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 白かえるさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

白かえるさんのレビュー一覧

投稿者:白かえる

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本攻殻機動隊 1

2006/02/14 13:58

日本アニメ電脳ものの始まり

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

押井氏の映画ばかりが アニメーションや映画世界で評価されていて
もどかしいのだが この本がなければ何も始まらなかった
「ゴースト・イン・ザ・シェル」「イノセンス」も結局は此の本と続きである
「攻殻機動隊2」と「攻殻機動隊1・5」の助けがなくば あのような奥深い作品にはならなかったのに どうも「原作」本としての認識や評価が足りなくてファンとしては口惜しい限り
順番としたら攻殻機動隊を読み「ゴースト……」を観て攻殻機動隊2と攻殻機動隊1・5を読んで「イノ……」を観て最後にTVシリーズへ流れて欲しい
発刊された当時表紙の素子のイラストと背景 背表紙に使われたコンピューターの素材や 裏表紙のビスが生々しくて少佐の「乙女で猛獣な荒っぽい性格」を良く現わしていると思う
そして映画とは違った 素子とバトーのコンビの空気は とても漢らしいと感じる
トグサがしょっちゅう落ち込んでいるのが 若々しくて笑えた(でも、唯一の妻帯者……)
士郎正宗氏の作品中でも お勧めものの逸品

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示