サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. あるえさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

あるえさんのレビュー一覧

投稿者:あるえ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本東京タワー

2004/08/25 21:51

見えないものに恋焦がれ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ある人に、とても気に入っている本があると聞き、出会ったのがきっかけだった。その人は、まるで、江国さんの小説に出てくる人々のようで、掴みどころがなく、そしてとても魅力的な人です。元々江国さんの小説は好きですが、読む前から、すでに私の中の特別な一冊に近かった気がします。江国さんの小説の魅力は、読むときの自分自身の状態によって、全く違う捉えかたが出来る所ではないでしょうか。これを読む前に読んだ、「ホリーガーデン」では、自分によく似た主人公、果歩に共感しつつも、同情すら覚えたのに、気付けば、果歩の様に傷つくやも知れぬ透を、とても羨ましく感じていました。詩史は透以上に深く相手を想っていたのではないでしょうか。だからこそ夫との別れを選ばないのです。恋とは、やっぱり何事にも変えがたく、それでいて脆いもの。現実の中では理解しがたいものなのではないでしょうか。だから私は、自分の感情に正直なこの物語に苦しい程の共感を覚えます。そしてそんな風には生きられない自分と葛藤しています。恋とは、当たり前ですが、見えないものです。だから人は見えるもの、触れる事の出来るものに安心を覚え、頼るんではないでしょうか。それが当たり前なんです。透のように、ただ、自分の感情を信じられる、そんな出会い、何人の人間が出来るんでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示