サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. trekyさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

trekyさんのレビュー一覧

投稿者:treky

1 件中 1 件~ 1 件を表示

遊び心いっぱい「はてなの本」

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なにを隠そう、自分も「はてな」ユーザー。始めてまだ半年も経っていないし、ぜんぜん使いこなせてないけれど、どんどん「はてな」にはまっている。そして、どんどん進化していく「はてな」にずっと興味しんしんだった。
そんな好奇心を満足させてくれたのが、この「はてなの本」まず感動したのが、装丁の美しさ。コンピュータ関係の本とは思えないほどすばらしい。写真やレイアウト、インクの色まですごく凝った作りになっている。本はいろいろあるけれど、ビジュアルでこんなに楽しませてくれる本に出会ったのはひさしぶり。
内容はSideAとSideBに分かれていて、本の両側から読めるようになっている。まず、SideBから読み出した。圧巻は近藤淳也はてな代表のインタビュー。「はてな」がどうやって誕生し成長しているのかがよくわかる。プログラムの開発から直接民主主義まで、近藤代表の話でますます「はてな」の今後が楽しみになった。また、コミュニティという章では、はてなダイアリーのいろいろな活用法が載っていて、「はてな」の奥にはもっとおもしろい世界が広がっていることにびっくり。
SideAでは、「はてな」の具体的な使い方が説明されている。はじめての人にも、自分のような中途半端なユーザーにも丁寧でわかりやすい。いろいろな機能や使い方が満載。応用編もあるので上級者にも楽しめると思う。はてなダイアリーのテーマ・カタログもカラーで掲載されている。ネット上でクリックしてひとつずつ見るのは大変なので、これは便利。自分のイメージに合ったデザインがすぐ比較検討できる。
この「はてなの本」を読んで一瞬満たされたと思った好奇心は、ますます膨れ上がったみたいだ。そして、もうすぐ読み終わる…という時に、うれしいおまけを発見! とってもかわいいしおりがはさまれている。この本のイメージキャラクターのようになっている、近藤代表の犬「しなもん」。「はてなの本」は遊び心いっぱいの「使える」一冊だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示