サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. オタワさんのレビュー一覧

オタワさんのレビュー一覧

投稿者:オタワ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本尋牛奇談

2004/08/31 17:13

キャラクターが単純

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

友人から借り読んだのち自分で購入して読んだのがこれ。
テンポよく旅の気分が味わえ夕飯のメニュウに困ったときには
料理のモチベーションを上げるには
もってこいの本だと思う。

 しかし。

どれを読んでも読後感というか余韻が
石のように重い。
善良で一市民が必ず何人か死ぬのだ。
この人の書く物は。
そして今話題の韓国ドラマのごとく
見目良いキャラは頭もよく高給取りで
どこまでも格好よく
「カワユイ」
と思わせられる。
そして悪役は必ず醜く年寄りで
意固地という描かれ方なのだ。

この作品では猛烈な悪役がまた猛烈に
悪役として描かれている。
だがこの人がそう書けば書くほど
この悪役の方に応援したくなってくる。
主人公がどうにもナルシストで
嘆き方も苦しみ方も
「け、やってろ。」
と思いたくなるほどお耽美で自己陶酔的なのだ。
若い頃って自分が年老いてくことも
現実感がなく周りの大人を睥睨するところがあり
傲慢なものですが、そんな感じがプンプン匂う。
ターゲット層が中高生だからしょうがないか。

 いやはやなんともはや。この作者はどんな
闇の社会を見つめて生きてきた人だか
知らないけれど、少々
人の死をめぐるキャラたちの感情の書き方が
どうにも自己中心的にみえるのだ。

ま、好きな人は好きなんでしょうけど(笑

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示