サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 大阪人さんのレビュー一覧

大阪人さんのレビュー一覧

投稿者:大阪人

1 件中 1 件~ 1 件を表示

知っていますか?どもりと向きあう一問一答

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この本には、「どもっていてもあなたは大丈夫です」という、吃音者への温かいメッセージが、いっぱいつまっています。

 中でも私が一番心動かされたのは、吃音親子サマーキャンプでの小学生同士の話合いの記録に出て来る、次の話です。
 あるどもりの子が、どもる友達と一緒に遊んでいたら、別の子どもたちから「なんでお前らだけ二人だけ、どもってるんや」と言われます。「ほかにもいるねんぞ」と言っても、相手は信じてくれません。
 そこでこの子は、前の年のサマーキャンプで自分たちがやった劇を撮影したビデオテープを、学校に持って行ってクラスで見せます。「みんなにいっぱい吃ってる人がいるのを知ってもらうため。吃りながら、僕たちはがんばっているんやと」分かってもらうため…。こうして見事にこの子は、クラスの中にどもりのことを知る友だちを増やしたのです。

 同じどもりと言っても、人によって抱えている問題はさまざまです。百人の抱える問題には、百通りの解決法を、その問題に関わる人たちが探す必要があるでしょう。
 それでも、「どもっていても自分は大丈夫なんだ」という、自分自身に対する深い信頼があれば、この子のような智恵も生まれ、行動をうながし、うまく行けば問題を軽くすることが出来ます。

 この本には、どもりの問題の、重さもつらさもいっぱい書いてあります。「どもりは治らない」とまで書いてあります。それでも読んで安心でき、元気が出て来ます。
 吃音に悩む人。吃音の子どもを持ち、どうしようと思っているご家族。吃音の子どもにどう接すればよいかと考えている先生。そんな方たちに、ぜひ読んで欲しい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示