サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 月乃春水さんのレビュー一覧

月乃春水さんのレビュー一覧

投稿者:月乃春水

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本みちくさ劇場

2005/04/21 05:43

スローにいきましょ。ゆかいなみちくさ。毎日忙しくしている大人こそ読みたい!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

童話と絵本の中間のような、かわいらしいつくりの本です。
中には12のお話。

子犬のミケ
ねこのポチ
花のミミちゃん
カラスのカーちゃん
マドベリとぼく
ぼうしのニットくん
アザラシのアタラシくん
ゾウのソーゾーさん
カメのイソガシさん
ことりのポトリくん
カエルのケロリさん
リスのノンビリスくん

タイトル見ただけでも、ちょいと脱力しませんか?
名は体を表す。名前のとおりの動物たちなんです。
みなさん、かいものやはいたつのとちゅうです。
ちょいと何かが起こります。誰かに会ったり、話をしたり。
みちくさになります。
ゆったりのんびりしています。
最後にある『ぼくのみちくさノート』、これがまたいいんです。

短いお話なので、3歳くらいからでもたのしめそうです。
だけど毎日あわただしく過ごしている大人にこそ、これらのお話は効きます。
ぜひ、おすすめします! 読むべきです。

ビジネスマンのお父さん、ワーキングウーマンのあの人、家事、育児に休む暇のないお母さん、勉強に忙しい学生さん。
そんな方に、ちょっとしたプレゼントとしては最高です。
「頑張れ、頑張れ」と応援するのもいいけれど、
「もう少しちから抜いてもいいよ」というのも、素晴らしいエールになるでしょう。

ページをめくるたび、「スローにいきましょ。」
そんな声が聞えてくるようです。

荒井良二さんはスウェーデン政府が創設したリンドグレーン文学賞を日本人で初受賞!
おめでとうございます!
【月乃春水 ツキノ・ハルミ 本のことあれこれ】

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示