サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. アナリスト・ハンターさんのレビュー一覧

アナリスト・ハンターさんのレビュー一覧

投稿者:アナリスト・ハンター

1 件中 1 件~ 1 件を表示

第一級のビジネス・リポート!薄型テレビ戦争の行方がわかりました。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最近の新聞やテレビを見ると、何やら、日本はかつてのお家芸のテレビで、韓国、台湾に負けてしまうような、解説をよく耳にします。日本は人件費が高くなりすぎて国内でものを作るのはもう無理だ。21世紀の大型商品、薄型テレビも、韓国、台湾にコピーされてお仕舞いだ。そんな感じの記事を新聞で見かけたりもします。メーカーに勤める、いちサラリーマンとして、日本製造業の将来に不安を覚えていたのですが、本書を読んで、勇気がわいてきました。パソコンを中心とした第一次デジタル戦争に負けた日本メーカーは、デジタル家電中心の戦略を立てて、システムLSIを収入源に、第二次デジタル戦争に挑もうとしていること。一口に薄型テレビと言っても、液晶、プラズマ、有機EL、その他とあって、将来どれが勝つかはまだわからないこと。その時、液晶が将来メインになるような日本メーカーに分が悪いが、プラズマ、有機EL、その他なら日本にも十分、勝機があること。等々、普段、新聞や雑誌では絶対、見聞きすることのない、事実が続々出てきて目からウロコが落ちました。日本メーカーの最前線で、日夜、デジタル家電の商戦に明け暮れている、現役世代にぜひ読んで、力を取り戻して欲しい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示