サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 川中 律さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

川中 律さんのレビュー一覧

投稿者:川中 律

2 件中 1 件~ 2 件を表示

知的好奇心旺盛なタモリらしい本

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

天気図、地図(古地図、海図含む)、時刻表などのマニアであるタモリの非常に『タモリ倶楽部』的な坂道のガイドブック。東京の坂というのは昔から小説や映画などによく出てくるが、実際行くとなるとよほど好きでないと結構大変だと思う。この本に紹介されている坂も、私にとって名前は聞いたことはあるが行ったことのない坂が多く、また通った事がある坂でも名前までは気に留めたことはなかった。ましやその坂の由来まで気が回るわけがない。
この本では1つの坂を見開きで紹介していますが、そこに載っているタモリの紹介文が秀逸で、さすが古地図マニアらしい坂の名前の由来のうんちくや、自身の坂に対するエピソードなどがサラリと書かれていて非常に面白い。
また、1つの坂の散歩ルートも載っているが大体1時間以内のコースに設定されているので気軽にちょっと行って見ようという気にもさせられる。
次回は『タモリ倶楽部』でもやっていた電車が見えるホテルとか電車と並走できる道などのガイドブックも出して欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本血涙!日本プロ野球解体論

2005/01/03 13:04

日本プロ野球に対する愛情あふれた本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

豊田氏のコラムは「週刊ベースボール」等でも読んでいるが辛口の意見の中にも野球に対する愛情があって納得出きる部分が多い。この本もそんな内容だ。文章の切れ味も申し分ない。今の日本は野球も政治も問題を先送りにしてきたためにとんでもない閉塞感が社会を覆っている。ここに書かれた意見のうち一つでも実行されていたら野球はもうすこしまともな方向に進んだと思う。昨年あれ程騒がれたプロ野球再編問題にしても楽天の参入はあったものの単なる数合わせに終始し根本的な問題は何一つ解決されなかった。唯一の成果は改めて読売の横柄さ、経営者の野球に対する愛情のなさが浮き彫りになったことぐらいか。このままでは第ニ、第三の近鉄が出るのは必至だ。ここは著者も言っているようにプロ野球の解体しかない。ファンがすることは愛情をもって野球中継は見ない球場に行かない(特に巨人戦)、といったことしか野球をファンに取り戻すことはできないのではないか。その中から新しい規約で新しいリーグを立ち上げることしか野球が生き延びる方法はないと思う。今年も私は日本の野球は見ずにメジャーを見ることになるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示