サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. nobさんのレビュー一覧

nobさんのレビュー一覧

投稿者:nob

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本夜のピクニック

2004/11/11 13:04

懐かしさとさわやかさ。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

実は僕もこの高校の卒業生です。
しかも実行委員という隊列をまとめたり、みなを元気つけたりする役目についていました。実行委員長だったやつとも話したのですが、とにかくいい本だったなと。

約2時間ほどかな、結構長いけど、一気に読めました。白ジャージの秘密とか、かつて修学旅行で悪さして、行事自体がなくなったとか、知る人ぞ知るエピソードが満載で、なかなか面白かった。

題材が歩く会(本家はこう呼ぶ)にしただけに、さわやかにまとめられてはいるが、主人公が愛人の子であり、本妻の子と会い見え、本音をぶつけと言うのは、昼ドラにでもできそうな設定である。今流行の韓流ドラマのような急展開はないが、場面設定がいっていなだけに、演劇にしてみると面白いかなと少し思った。

それにしても、自然の描写と、心理表現が見事。やはり女性の感性は細やかですね。ミステリーで名を打った人とは思えないね。

高校生の恋愛話とかではなく、さわやかで心温まる話です。

今年も事故無く無事行事は行われたそうです。
毎年地元の新聞で取り上げられるんですよ。

学校にかかる橋を追い上げ委員(最後尾からみなを励ましながら歩く委員)全員で肩を組んでゴールし、胴上げされた時は、涙がこみ上げてきた。

現存するのが不思議なぐらいのクラシックな行事でした。



このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示