サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. arteさんのレビュー一覧

arteさんのレビュー一覧

投稿者:arte

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本急行「北極号」

2004/11/17 08:45

映画を見る前にぜひ見て欲しい

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本の魅力は何といっても、作者クリス・ヴァン・オールズバーグのパステルで描かれた絵にある。色調はどれも渋いグレーを基調とした抑えたトーンで、ミステリアスで寡黙な雰囲気は幼い子供より大人向けかもしれない。一枚一枚のカットはフェルメールの室内画にも似た寡黙な静けさを持ち、映画のスチルのような様々なアングルで構成されている。
この本が今冬、ハリウッドのハイテクCG技術で長編映画化されると聞いたとき、このシンプルな絵本を引き伸ばして、原作にないキャラクターやプロットを入れたクリスマス娯楽大作になるのかと思い、少し落ち込んだ。なぜなら、この本は限られたイラストと凝縮された言葉で構成され、物語として完全な形でコンプリートしているからだ。読者はこの本の絵と絵、行間と行間の隙間を読んで、いくらでもイメージを膨らませることができるのだ。たぶん、映画には原作の絵を真似たシーンはあっても、原作のもつスピリットは真似できないだろう。映画を見る予定の方は、見る前にぜひ本を見て欲しい。原作の英文も難しくないので、洋書売り場で覗いて作者オールズバーグの言葉のリズムを感じとって欲しいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示