サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 未来さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

未来さんのレビュー一覧

投稿者:未来

2 件中 1 件~ 2 件を表示

感動です!!

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 中学三年のときこの本を読んで涙が止まりませんでした。母親に「生まれてこなければ良かった」なんていわれたらどうしたらよいのかわかりません。そんな状況の中声のでなくなってしまったあすか。自分で受け入れられなかったのでしょう。しかし、周りの人と触れ合う事により徐々に明るくなっていきます。人に拒絶されるのは表面では平気を装っていても心はすごく傷つきます。その心の傷を癒すのは周りの人たちであろうと思います。人に認められて初めて「自分は駄目ではない」と思えるのだと思います。折角生まれてきたのだから「良かった」と思いたいですね。最後には母親も過ちに気付き自分の子どもを受け入れられる様になります。今思うと母親も精神的にきつかったのではないかと思います。
 最近この本の表紙が変わってまた出版されました。私は、妹の読書感想文にこの本を薦めました。でも、まだ小学生の妹にはこの事はしっかり理解できていないように感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

考えさせられます

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この本を初めて読んだのは高校生の時でした。図書室で見つけて読んでみました。ハードカバーの方を読んだので、すごく厚くて期限までの読めるのか心配だったのを覚えています。しかし、そんな心配は無用で一気に読みきりました。そして、最近文庫版を見つけ買ってしまいました。
 この本は、色々な事を考えさせられます。虐待・人種差別・偏見。現代の問題に直結しているものだと思います。小さい頃に母親から言われたひどい言葉。それはトラウマとなって心に刻み込まれます。子どもにとって母親の影響は強大です。私はこの本をお母さん方に読んでいただきたいです。そして、考えていただきたいです。そのトラウマを乗り越えるためには人から愛される事の大切さ、無条件に受け入れられる事が重要なのだという事を感じました。私の心に一生残る本との出会いでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示