サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. まおねこさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

まおねこさんのレビュー一覧

投稿者:まおねこ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

ローマの密偵ファルコ、出版と金融の闇をあばく

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 時代は紀元74年。帝政ローマ下の暑い夏。密偵マルクス・ディディウス・ファルコは2つの殺人を解決する。1人はファルコが無謀にも詩集を出版しようという夢を一瞬いだいた「黄金の馬出版工房」のオーナー。もう1人はこの工房から信用取引の本を書く予定だった歴史家。この出版工房が一方でギリシャ流の「銀行」をしていたというところにミソがある。
 ファルコはシリーズものなので最初から読むとよりおもしろいが、この一冊でも楽しめる。何より古代ローマについての生き生きした描写がすごい。あいかわらずファルコのまわりの女性たちは力強く、家父長制なんてどこのことかと思う。しかし今回のファルコは女たちに尻にしかれつつも幸せそうだ。砂漠をさまよったり、ガリアで死に瀕したりもしていないし。
 二人目の子供も生まれるらしいし、ややアドベンチャー味は薄いが、都会的で知的な歴史推理ものに仕上がっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示