サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. カスタマーさんのレビュー一覧

カスタマーさんのレビュー一覧

投稿者:カスタマー

1 件中 1 件~ 1 件を表示

「『錯覚』ですべて解決」という錯覚

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

機能主義的な「心」の解釈について解説した本です。
とても読みやすくまとまっていますが、
冒頭に出てくる、永井均的なの問題や、
茂木健一郎的なクオリア問題については
まったくかすりもしないままで終わってしまいます。
(著者は解答を与えていると信じているようですが。)

要は、意識とは無意識の演算結果をモニタするだけの存在である、
というよく聞く話で、や、クオリアや、時間の感覚などは
すべて錯覚だ(無意識がそう錯覚するよう仕向けている)、
というお話です。
では、そのような錯覚を体験する主体はなんなのか、
というのが心脳問題の核心なわけですが、
意図的にかどうかはわかりませんが、そこには全く触れていません。
また、そのように錯覚させるメカニズムはどういうものか、
というのもまた別の興味深い問題ですが、それについても
「まだよくわかっていない」で済ませてしまっています。

ということで、「すべては錯覚である」で
心の問題をすべて解決したと著者は豪語しているわけですが、
そのレベル(機能主義のレベル)で満足な人にとっては、
読みやすくていい本だと思います。
一方、いわゆる「ハードプロブレム」の解決へは何の寄与もないので
そちら方面を期待される方には何も得るものはないと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示