サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. かささんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

かささんのレビュー一覧

投稿者:かさ

16 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本センセイの鞄

2006/12/25 01:54

淡々と・・・じわじわと

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

淡々と真面目な会話がじわじわと染みてきました。
ツキコさんとセンセイの話。
センセイって結局何歳なんだろうか??
なんて考えつつ何歳でも恋愛はするよなぁとも思えました。
センセイが頭を撫でるシーンが好きです。
素直にいいな〜って思ってしまいました。
ツキコさんは表面上は冷静な人だと思うんです。
でもセンセイの前だと子供なところがあって。
好きな相手にだけ見せる表情とか可愛いらしくて。
話が淡々と進んでいくので,恋愛に発展していくのが分かりにくい気もするのですが。
それでも恋愛って,好きな人がいる生活っていいなと思えます。
短編が集まってて,まとまった時間が無くても読みやすいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ドミノ

2006/11/29 00:58

27人+1匹

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

たくさんの登場人物とたくさんの事件。
ドタバタしちゃってます。東京駅。
東京駅を普段利用しないので場所の想像が難しかったですが,だんだんと集まってくる様子は良く分かります。
読んでいる間は
おっと。来るぞ!!
あれは?あ〜そっか。
そういえば・・・
と思えるところが多数あります。
登場人物それぞれに事件を解決するため走り回ってます。
事件は小さなものから大きなものまで取り揃えられおりてます。
笑える,ついつい笑える,にやついてしまうと笑いも様々です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

タイトル買い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

気楽に読める本が無いかと思っていたところにタイトルが目に入り何となく購入。
大正解でした。
気楽だし笑えるしくだらないです。

日記がすごく短い日が特に好きです。あと嘘ついてる日。
こんなに笑えるとは思って無かったので得した気分です。
忘れた頃にまた読み返そうと思い、そっと本棚にしまいました。
こんなくだらなくて笑える文章を私も書きたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本あい・ひめ 愛と秘めごと 1

2006/10/29 00:48

王道

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

少女漫画の王道ですよね。
年上のカッコイイ男の人とのおつきあい。
相手は慣れていて余裕ぶっている・・・割には独占欲は強い。
やきもちだって妬いてくれる。
仕事中はメガネをかけてスーツ着て。
強引な性格と言動。
愛情表現は結構ストレート。
現実には無いんだ!!
こんな人いるわけないよ!!
と分かっていても憧れる。
夢見る恋愛です(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ぬしさまへ

2006/10/15 23:31

家鳴が可愛い

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

短編集なのでちょっと時間が空いたときにサクっと読めます。
病弱な主人公とそれを大事に守る手代が2人。
分かりやすい主従関係と「これこれ!!」と良い意味で予想できる展開。
読みながら1人にやにやしてきます。
後から知ったのですが著者の方が漫画家だったのも納得です。
推理物としてはちょっとインパクトが足りないかな!?と思いますが・・・・。
全体を通してあるほのぼのした雰囲気と個性豊かなキャラクターが可愛く楽しいです。
妖たちにももう少し活躍もさせて欲しいですが・・・続編にそういう話があるみたいなのでそれを期待です。
せっかくたくさん登場してきて毎回主人のために頑張って働く彼ら。
もう少し活躍して褒められる姿を見たいものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本めくるめくハイライト

2017/09/28 00:34

表題が好きです

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

表題作が好きです。その他は正直1回読めば良いかなあ…という感じなのですが表題作を何度も読み返したくなるので手元に置いてます。
専務の可愛さのために1冊買っても損はないと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本デビルズハニー

2012/02/10 00:55

小悪魔ちゃん

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

不良と思いきや素直で良い子というベタな設定。でもそれが可愛いです。不良グループの監視を押し付けられた体育教師とそのグループのリーダーとのてんやわんや。不良と思いきや男気溢れる素直で良い子なんでスラスラと全編楽しく読めます。先生と生徒としての攻防、大人と子供としての攻防、どちらも楽しめます。ストーリー全体が平和な雰囲気なのでニヤニヤと読めるのでお勧めです。気楽に楽しめます。わき役も良い味出してます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子版が半額だったので購入

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

表紙の絵と電子版が半額だったので購入しました。
高飛車なイケメンの主人公を想像してましたが思いの外、可愛くて良かったです。後日談がある話が好きなので満足しました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ここは退屈迎えに来て

2015/05/06 19:21

目に浮かぶ光景

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ありふれた地方都市での日常が書かれた短編集です。
スイスイ読めます。
分かる!ありえる!起こりえる!と思う箇所がたくさんあります。

共感ばかりではもちろん無いのですが、そこが人それぞれで面白いです。
最初は図書館で借りたのですが何度も読みたくて購入しました。

短編集なのですが繋がっている部分があり楽しめました。
男性も十分に楽しめるので尻込みせず読んでほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本天帝妖狐

2005/01/11 10:25

学校の怪談

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

学校の怪談で出てくるような話だなと思いました。
表題作「天帝妖狐」はたんたんと進んでいく印象。
やっぱり「A masked ball」の方が印象深いです。
落書きで展開していく話にぐいぐいと惹きつけられました。
一気に読んでしまいました!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

そんなにSFではない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

SFはあまり読まないのですが、ミステリーのようだったのでふと気が向いて購入。
タイムパラドクスイリ・・・そんなに構える必要なくSF要素は軽くて良かったです。
未来人の探偵アドとタイムスリップを利用しながら謎を解いていきます。

1つ1つの事件は短編ですし、ベタな謎が好きなので楽しかったです。
もしも続編があれば読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本えっちな気持ち

2005/01/11 10:37

小説なのか実話なのか…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

小説という名を借りて綴られているのは彼女の実体験なんじゃないかと思ってしまう。
それぞれの名前(源氏名)が題名の短編集はとても不思議な雰囲気に満ちている。
さまざまな種類の風俗を渡り歩いた彼女だから書ける小説だと思う。
ボヤ〜っとだけどずっと心に残ってる作品です。急に読み返したくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍キャットフード

2015/04/26 02:23

うーん・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

後味が悪いです。
未来探偵アドのねじれた事件簿が好きだったので読んだのですが、猫好きな私にはちょっと・・・うーん。
もっとミステリー要素が欲しかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本うれしい悲鳴をあげてくれ

2015/05/06 19:47

小説とエッセイ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最初に短編小説が数本、その後にエッセイがまとめられています。
筒井康隆さんが好きなのかな?と感じられる小説です。
最初は面白いですが4本目くらいで飽きました・・・。

帯でべた褒めされてましたがエッセイも好みでは無かったです。
笑えるでもなく読みこんでしまうでもなく。
期待が高すぎたのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

猫はどこから帰ってくるのか

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

たまに外から「お土産」を持ち帰ってくる猫のthink。
これはどこから持って帰ってきたのだろうか・・・。
猫は普段はどこにいるのだろうか・・・。
吉田音と円田大探偵はミルリトン探偵団を結成し調査を開始。
猫の持ってくる「お土産」からどんどん話は広がっていきます。
ボタンを見ては,何のボタンか・この服を着ていたのはどんな人か・ボタンが無くなって困ってないのか・などなど。
2人の想像とともに自分の想像を合わせても楽しめます。
そしていくつかの「お土産」が揃うと1つの話が繰り広げられます。
文章ももちろん,写真も楽しめる本です。
風景の写真もですが,「お土産」の写真が載っているのはなんだか嬉しくなります。
登場人物と同じものを見ることができるんですから。
触れないのは・・・しょうがありません。
空想の世界にふわふわと誘われる本です。
本当のようなウソのような。
その感覚を楽しむための本なのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

16 件中 1 件~ 15 件を表示