サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. カコさんのレビュー一覧

カコさんのレビュー一覧

投稿者:カコ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本いくつもの週末

2004/12/17 10:53

ほんとうのこと

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本は結婚2年〜3年にかけて
彼女が自分の結婚生活に関して書いたエッセイだ。
「妻」として生活すること。
「夫」という人との関係のこと。
それにまつわる淋しさと幸せ。

わたしは、約2年間結婚していたことがある。
今はしていない。
別れてしまった。

そのわたしから見てこの本には、
嫌なくらいほんとうのことが、書いてある。

平日と週末に公私を分けている夫と生活することで
週末は特別なものになること。
月曜日には淋しくてふてくされるくせに
夫が仕事に出かけた途端、
ものすごい安堵で眠ってしまうということ。

結婚する前には
まったく想像もできなかった質の淋しさと喜びがある。

この本に共感するあまりに嫌な気持ちになってしまったのは
彼女もまた結婚する前の独りの生活を完全に愛していて
結婚のことを、「歪み」だと「引き受けること」だと
書いていることだ。

わたしもそうだった。
でも、わたしは別れてしまった。
この差はなんなのだろうと、思う。

まだ結婚をしていないひとには
この本は、結構ほんとうのことですよと伝えたい。
そのことが、とても怖い本ですよ、と伝えたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示