サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 朝ご飯さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

朝ご飯さんのレビュー一覧

投稿者:朝ご飯

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本GOTH リストカット事件

2004/12/26 10:28

最後まで読めない展開

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 乙一さんの作品として最初に読んだのが「GOTH」でした。その後にも乙一さんの作品をいくつも読みましたがトップ3には入る作品です。

 主人公は普通の高校生を演じて生活しているが内心では死や殺人に深く興味を持つ「僕」とそのクラスメイトで「僕」と同じ趣味を持つ「森野」の2人。

 ある日、最近起こっている連続猟奇殺人の被害者が解体されていく様を詳細に書かれた手帳を「森野」が拾い、「僕」に見せることから物語が始まります。まだ発見されていない被害者のことも書かれており2人はその被害者の残骸を確かめに行きます。

 全6話でどの話も登場人物の一人称構成で、話によっては一人称の相手が変わり、事件の裏が見え隠れしミステリー度が倍増していました。乙一さんはそこを最大限に利用し読者に推理させ最後には
「ええぇ!ってことは…。あっ! なるほど…。そうゆうことか。」
と本気で驚かされます。

 6つの話の共通点はどの作品も最後まで先が読めず、ドキドキやハラハラの連続だったことです。一度読みビックリしたあとでもう一度最初から読みなおすと2回目だからこそ分かる別の面白さがあります。

 読んで損は絶対にないと思います。
読もうか迷ってるあなたはぜひ読んでみるべきです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示