サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. kinchanさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

kinchanさんのレビュー一覧

投稿者:kinchan

1 件中 1 件~ 1 件を表示

コンサルタント業界も過当競争?

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

栗本氏の著書を読むのは今回で3作目です。

「成功するのはいつの時代も一握りの方のみです。宝くじは全ての人が当たるわけではありません。」

結論として、栗本氏が主催する「売上増進研究会」の新規会員獲得のために出版された著書といえます。「売上増進研究会」は2005年1月に「経営イノベーション倶楽部」と名称変更されたようです。

今回の著書は栗本氏が過去に開催して好評を得た「電話営業必勝セミナー」を改訂したような内容です。栗本氏が主催する「売上増進研究会」の会員にとっては過去に学んだことの「おさらい」としか言えませんので、会員の方はがっかりされるかもしれません。

この本の中身を勝手に要約したら「成約率を3倍に伸ばすには顧客層の絞込み」に尽きると思います。
特定商品、特定地域、特定業種など徹底的に顧客層を絞り込めば、小規模企業経営者がニッチマーケットを築くことが可能でしょうね。
しかし、残念ながらこの本に書かれた事を実践できる業界は限定されるでしょうね。

栗本氏の著書が役立つ業界といえば、法人向け商材を卸売りしている業界ではないでしょうか(栗本氏自身も商社出身で法人営業は得意なはずです)
著書の第2章まとめでは「競合が少ない商品を探す」「リピートがある商材を扱う」と書いてありますが、これは1作目の「もっと儲かりまっせ」でも書いてあることです。

世間の売れない営業マンや小規模企業経営者はそれが出来ないから苦労して、コンサルタントのセミナーに参加したりビデオ教材を購入しているのですが、今回の著書でも具体的にどんな業種や商材が適しているかまでは言及しておられません。

業績不振に悩む小規模企業経営者や個人事業主達を「売上増進研究会」に入会させるための著書として最適かもしれませんが(私も過去にそんな理由で入会しました)、ある程度スキルを身に付けた読者には物足らない内容といえます。また、この本の内容を実践しても業績が向上しない業者が大半と言えるでしょう。業績が向上する企業はコンサルタントが特別な指導をしなくても市場の原理によって勝ち残るはずです。どんなに営業スキルが向上しても市場から望まれないモノは売れないはずですから(個人消費者向け商材は別ですが)。

「売上増進研究会」に入会する会員達は当初、自分が知らなかったことや疑問に感じていたことを理路整然に解説してくれる栗本氏に感銘を受けて入会するのですが、なかなかコンサルタントからは的確な指導を受けられずにやがて以前の状態に戻り、毎月送付されてくる冊子を読むだけになるのです。そうこうしているうちに会員の減少が起こり、新規会員獲得のために新著を発行して、まだ他のコンサルタント業者に荒らされていない業界(つまり競争の激しくない眠たい業界)に対してマーケティングするようです。その証拠に「売上増進研究会」は2005年1月に「経営イノベーション倶楽部」と名称変更されました。

この現象は、自動車会社のように車名変更して顧客層の刷新を狙ってのマーケティング戦略といえます(中身はあまり変わらないのですが)。

眠たい業界にいる方がビデオ教材を見たら当初は感銘するでしょうが、そもそもコンサルタント業者は自分でリスクを負って商売したくないから、「楽して儲けたいと望んでいる業者に対して楽して儲かりそうな商材(ビデオ・CD・セミナー)を提供」しているのです。すでに市場では使い古された商法だからこそビデオ、CD、セミナーとして販売しているのです。そうでなければ赤の他人に美味しい商売のノウハウなんて教えないはずですからね。

経営者の方はどうかコンサルタント業者の口車に乗せられないように気をつけた方が良いでしょうね。そうはいっても「自分だけは騙されないぞ」と思っている人がコロッと騙されますが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示