サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 珈琲人さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年5月)

珈琲人さんのレビュー一覧

投稿者:珈琲人

1 件中 1 件~ 1 件を表示

愛すべきコーヒー狂たち

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 独自の個性の光芒を放つ3人のコーヒー狂を軸に、戦後日本のコーヒー史をなぞった力作。冒頭からウンコの話で意表をつき、啖呵売のような威勢のいい言葉を繰り出して、日本には一流のもの、一流の職人技術が滅びつつあると、まず警鐘を鳴らす。コーヒーに置き換えると、スターバックスに代表される「エスプレッソバー」に日本国中が席巻され、機械で淹れたコーヒーに日本人の味覚が侵食されつつあるというのである。それは上等な味には違いないが、一流の味とはいえない。本物で、なおかつ一流のコーヒーの味というのは、そもいかなるものか。筆者は、ある種の義侠心に駆られて、日本の自家焙煎コーヒーの味の復権、いや正統性を主張し、本物のコーヒーとは何か種明かしをしていく。
 漆器はうすぼんやりした行燈の灯にかざしてみて初めて、その存在感を主張する。日本のコーヒーも日本人特有の味覚センスや美意識に支えられて育まれてきた。たとえば銀座ランブルは関口一郎が慈しみ育ててきたオールドコーヒー。このわびさびた味覚ワールドが外国人に果たして理解できるのか。このオールドの奇妙な味わいこそ、日本人の創りだした、あまりに日本的な味覚のテクスチャーというべきであろう。
 吉祥寺もかの標交紀。この男からはいまだにキツネが落ちていない。コーヒーを飲み残した客を追いかけていき、なぜ残したのか返答を迫るがごときは標の真骨頂といっていい。この男の創るコーヒーはうまいまずいの範疇を外れ、飲むたびに「感動がある」のだという。
 南千住バッハの田口もすごい。一流の味もさることながら、山谷ドヤ街の中にあって、これほど水際立ち、洗練されたサービスをする店を私は知らない。この店こそがフランスの一流文学カフェに比肩しうる日本最高峰のカフェといえるだろう。
 この本は単なる名店案内の書ではない。日本には春の野のスミレのようなコーヒーがある。それは世界標準とは異質の日本独自のコーヒーといっていい。茶を礼道にまで高めた日本人だからこそ到達し得た、日本人だけが賞味できる味覚ワールドなのだ。コーヒーという小さな穴から見つめた毛色の違った日本人論ということもできる。マニア必読の書であろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示