サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ばっちんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

ばっちんさんのレビュー一覧

投稿者:ばっちん

2 件中 1 件~ 2 件を表示

日本人の枠をはみ出したコーヒーのプロフェッショナル

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

たとえコーヒー好きであっても、コーヒーの品種の話となればお手上げだろう。アラビカ種までは知っていても、アラビカ種の原種がティピカで、そのまた突然変異種がブルボン・ロンドで、となるともうチンプンカンプンだ。この本は、コーヒーハンターと呼ばれる日本の一青年が、幻の品種とされたブルボン・ポワントゥをインド洋上の島で再発見するという話である。 コーヒーに興味のない人間には面白くもなんともない話だろうが、少しでもコーヒーについて知識教養のある人間にとっては、まさに血湧き肉躍る冒険談となる。このコーヒーは、フランスのルイ15世が愛したコーヒーといわれ、忽然と消えてから150年の歳月が流れた。再発見されたのは、マダガスカル島の東に浮かぶレユニオン島。かつてはブルボン島と呼ばれていた島である。その島に、幻のコーヒーの樹があるという噂を聞きつけ、筆者は勇躍乗り込むのである。 
 まるで運命のめぐり合わせのように、幻のコーヒーは眠りから覚める。このコーヒー、形状は小粒で硬質、長粒米のように細長いのが特徴だ。どうやら気難しいコーヒーのようで、焙煎は相当手こずるという。しかしその味は、香気高く、甘やかで、上品な酸味があるという。おまけにカフェインが通常のアラビカの半分しかない。 
 筆者は静岡の焙煎業者の息子で、高卒後エルサルバドルへ単身留学。名のあるコーヒー研究機関で、農事技師として働く。しかしほどなく内戦が勃発。目の前で警官が撃たれたり、友人が暗殺されたり、文字どおり弾雨の中をかいくぐる。平和な日本から見ると、まるでウソのような世界だが、筆者はそんな非日常的な世界で青春期を送る。 
 ブルボン・ポワントゥ再発見のニュースは世界中を駆けめぐり、日本でもひときわ新聞紙上をにぎわせた。たかがコーヒーだが、コーヒーは石油と並ぶ戦略物資でもある。時に南北問題も絡めば、地球環境問題も絡む。されどコーヒーなのである。日本の快男児が繰り広げる冒険アドベンチャーとして読んでも面白いし、コーヒーというフィルターを通した文明論、環境論として読んでも面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

父は不貞寝の韓流ドラマ

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 いわゆる韓国のテレビドラマに格別の関心を抱いているわけではないが、「冬ソナ」や「チャングム」のように、たちまち日本人の心を虜にしてしまうような磁力が韓流ドラマにはある。初めて韓流にふれた時の違和感は形容しがたい。男も女も美男美女ばかりで、服装は華美、化粧は厚化粧と相場が決まっていた。
 主人公やヒロインの吐く言葉は、よく恥ずかしくもなくそんな科白がいえるなあ、と思えるほど臆面のないものばかりで、私はしばしば吹き出してしまったものだ。しかし、それでもなお強力な吸引力があって、私たちの目を画面に釘づけにする。「次はどうなるの?」と、次回が待ち遠しくなる。ペ・ヨンジュンみたいにたくましくなりたいと、いつしか腕立て300回を自分に課していたりする。こうなるともう韓流ドラマ中毒だ。
 この『食わず嫌いの韓国』が、他のあまたあるコリアン本の中でちょっぴり異色なのは、韓流映画やドラマを題材にとり、韓国社会や韓国人の一面をユーモアたっぷりに切り取っているところだ。「キムチのように食べるとクセになります!」と本の帯にあるように、すべからく韓流はクセになる。それだけ異質で個性があり、毒気が強いということなのだ。「韓流」には好きになるか嫌いになるか、all or nothingというようなところが確かにある。『食わず嫌いの〜』とあるが、食ってしまったら好きか嫌いかのどっちかだろう。
 で、この本を読んだ私の結論は、
「おもろうて やがて哀しき韓国人」
 互いに気に入らなくても引っ越しのできない隣人同士、末永く仲良くやりたいものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示