サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 豆 さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

豆 さんのレビュー一覧

投稿者:豆 

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本熱帯植物園

2005/02/03 18:14

青春の日の埋み火を掘り返されたような、リアルな痛みを覚える作品。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

僕は実のところ、なんちゃって室井ファンである。TVで見る限り「青森出身の素敵な女性」ってことと、歯切れの良い語り口(時々吐く毒も含めて)、潔くて腹をくくった感じが大好きってだけで作品を読んだことすらなかった。最近ひょんな事から彼女のblogを発見して読ませてもらうと、ここには僕の知らなかったもう一人の室井佑月がいた。無性に作品を読んでみたくなり手始めにこの作品を選択した。

読んでみれば、僕の10代の頃とは時代が大分隔たっているけれども、性のこと、酒、タバコ、ドラッグ、親との確執、つまらない学校生活、言い知れぬ焦燥と倦怠と突き上げる欲望の渦の中で自分を持て余していた日々がまざまざと蘇った。30年の歳月を襟首を掴んで引きずり戻される感じで一気に読んだ。筆者自らの体験が含まれるのか、それとも彼女の観察眼に写る実像かは判らないが、登場人物に向けられる目はとても寂しくて、悲しくて、そして優しくて…、読んでいて何やらヒリヒリとリアルな痛みを覚える作品だった。面白かった。次の作品が読みたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示