サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. primaveraさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

primaveraさんのレビュー一覧

投稿者:primavera

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本運のつき

2005/02/04 15:11

人生の見方かわるかも。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

タイトルにまずひかれてしまいました。生きているのは運、まさしくその通りではありませんか。そして私は死について改めて考えさせられました。これまで、自分の死についてはあんまり考えた事はありませんでしたし、それに自分でも考える事を避けていたように感じます。けれどこの本で死のとらえかたが随分変わったように思います。

養老さんの本を初めて読んだのはこの運のつきで、随分前からテレビ出演や、著作で有名になっていらしたので、よほどご立派な、一直線に成功した、完璧な人なのだろうなというイメージを持っていましたが、この本を読んで、意外にも世間が苦手という言葉を見つけて驚きました。とても親しみを感じてしまいました。やはり先入観というものはよくないですね。

私の気に入ったというか、気がひきしまったのは「自分の生き方を根本的に肯定できないのなら、生きてきた意味はない」という言葉です。本当に自分の納得できる人生を送りたいです。そして、このことは自分の死を見つめることにもつながっていると思います。

難しそうなテーマに思えるかもしれませんが、読み始めたら、いっきにのめりこんじゃいますよ。ときたまおもしろい事も書いてあるので、そのときはげらげら笑ってください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示