サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. やんたさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

やんたさんのレビュー一覧

投稿者:やんた

4 件中 1 件~ 4 件を表示

働いているすべての人に役立つ一冊

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今までの自伝はどちらかというと、自慢話や会社のPRなどが多かったが、藤田さんは社長業の厳しささや難しさ、周りとの軋轢などを赤裸々に告白している。こういった会社はこれからも伸びていくのだろう・・・というふうに感じざるをえない。ネットバブルの時代、多くのネットベンチャーが誕生し、一躍脚光を浴びたが、アメリカでネットバブルが崩壊すると、そのほとんどが消えてなくなり、残っているのはほんの一握りである。そういった栄光と地獄を味わってきた藤田さんは、まだ30歳そこそこだが、本物の一流経営者であろう。経営とは何か、ネットビジネスとはなにか、会社とはなにか、そして働くことの意味はなんなのか・・・。今働いているすべてのビジネスパーソンに色々な疑問を投げかける、そんな一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本経済物理学の発見

2005/03/21 18:38

いままでの常識を覆す科学

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

経済物理学(エコノフィジックス)とは1997年に誕生した新しい学問である。これはカオスやフラクタルといった物理学の概念を用い、経済の動き特にマーケットの動きを分析するものである。マーケット関係者として面白いと感じたのは、短い時間スケールでの市場価格の変動は、非常にくせのある変動であり、短期の予測は十分に可能である。最も進化した市場である外国為替市場でも、内部矛盾した状態である裁定機会は1日のうち5%程度の時間発生している、という2点である。これはいまはやりのデイトレードやヘッジファンドを肯定する概念といえる。今までのマーケットは“長期投資”と“分散投資”が常識であったが、経済物理学の発展によって180度変わる可能性があると考える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マーケットを心理面から捉えた本

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書はマーケット心理学について書かれた本である。実際に株式を取引している私にとって最もショックだったのは、“多くのトレーダーは十分なリスクをとっていない”というフレーズである。損切りの重要性や資金管理の大切さを書いた本は多々あるが、筆者は勇気をだしてリスクをとれという。つまりトレーディングの本質はリスクを取ることにあり、リスクをいかに管理するかによって、勝者と敗者が決まるという。そこそこ利益をあげられるようになったが、いまいち伸び悩んでいるというトレーダーや投資家に特におすすめしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本リスクテイカー

2005/03/23 20:19

実務にも役に立つ小説

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は経済物理学を使って、マーケットと戦う若者達の姿を描いた小説である。まず読んで驚いたのはその内容のわかりやすさと濃さである。経済物理学という概念は、数学や物理の基礎知識が必要なので入門書を読んでもその内容を理解するのは困難であるが、この本は非常にわかりやすい。また、経済物理学だけでなく、今話題のヘッジファンドやデリバティブを理解するためにも十分役立つであろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示